中村祐容疑者の顔画像や勤務先は?15歳女子高校生の高校は?なぜ22時に夜道を自転車で?福岡市博多区

中村祐容疑者の顔画像や勤務先は?15歳女子高校生の高校は?なぜ22時に夜道を自転車で?福岡市博多区

スポンサーリンク

福岡市博多区で、自転車に乗って横断歩道を渡っていた女子高校生15歳が、軽自動車にはねられ意識不明の重体になっています。

軽自動車運転の37歳の男性の名前は、中村祐容疑者です。

中村祐容疑者の顔画像や勤務先、また、15歳の女子高校生といえば高校1年生になると思うのですが、高校はどこで、午後22時という遅い時間に何をしていたのかが気になりました。

中村祐容疑者の顔画像や勤務先など現在公開中の情報は?

中村祐容疑者の顔画像は現在公開されていません。

FNNプライムオンラインの動画を視聴しましたが、顔画像の公開はありませんでした。

ただ、中村祐容疑者が運転していたと思われる、白の軽自動車の公開はあり、白の軽自動車は右側フロントガラスと、右前方のライトのあたりが破損していました。

警察によりますと、18日午後10時半ごろ、福岡市博多区竹下の交差点で、自転車に乗って横断歩道を渡っていた女子高生を、左折してきた軽自動車がはねました。
引用:FNNプライムオンライン

中村祐容疑者の軽自動車の右フロントガラスと右ライトが破損しているのですが、中村祐容疑者が左折した時に女子高生をはねてしまったものの、右側に避けようとして、軽自動車の右側が破損しているのでしょうか?

中村祐容疑者は、福岡市博多区に住む自称・会社員とニュースサイトでは公開されていますが、勤務先から帰宅途中だったのでしょうか?

飲酒運転などはなかったのかが気になりますね。

現在公開中の中村祐容疑者の情報です。

  1. 名前:中村祐
  2. 職業:自称・会社員
  3. 住所:福岡県博多区
  4. 運転の車種:車種は特定できないが、白の軽自動車
  5. 容疑:過失運転致傷

事故現場は、福岡市博多区竹下の交差点で、自転車に乗って横断歩道を渡っていた女子高生を、左折した軽自動車(中村祐容疑者)がはねたということです。

スポンサーリンク

女子高生15歳の高校はどこ?

はねられた15歳少女の高校はどこなのでしょう?

事故現場の福岡市博多区竹下の地図を拡大してみると、高校が1件ありましたが特定は難しいですね。

個人的には、午後10時に女子高校生が夜道を自転車で横断していることにも疑問に思うのですが、塾帰りなのでしょうか?

15歳の女子高校が夜道を自転車で走らなければいけない時間帯まで、塾や習い事はあるのか?など想像を巡らせてしまいました。

再発を防ぐために、まずは何をしなければいけないかを考えました。

というわけで、夜道、自転車運転での注意点などを調査してみました。

夜道の自転車運転での注意点は?

HOME ALSOK研究所の記事を参考にさせていただきました。

データで見る夜道の自転車走行の3つに危険性は以下の3つだそうです。

  1. 交通死亡事故がもっとも多いのは17〜19時の「薄募時間帯」
  2. 無灯火をふくむ法令違反があった場合、死者、死傷者は1.6倍増加
  3. 性犯罪がもっとも増加するのは夜22時から2時まで

中村祐容疑者は無灯火法令違反状態ではなかったか気になりますね。

無灯火をふくむ法令違反の状態で自転車を走行していた場合、自転車乗用中の交通事故の死者・死傷者が大幅に増加する様子。

自転車乗用中事故で、高齢者が死亡したケースのうち、法令違反があったものは79.1%にも及び、高齢者以外についても、死亡事故の72.3%が法令違反の状態で発生しているようです。

自動車を運転する側ももちろん気をつけなければいけないことですが、

性犯罪がもっとも増加する夜22時から2時までの外出時間にも気をつけなければいけませんね。

女子高生の通う高校や周辺の塾、そしてご両親、さらにこの事故を受けて再発を防ぐために、気をつけなければいけないことも調べてまとめてみました。

まとめ

中村祐容疑者の顔画像や勤務先は現在公開されていません。

はねられた女子高生の高校も地図から特定できそうな高校はありましたが、確定ではありません。

22時という夜道では、車も歩行者、自転車走行車も気をつけなければいけないことがあります。

少し気をつければ防げたかもしれない事故で残念で仕方ありません。

今後再発を防ぐために、女子高生に関わる高校など対策を考慮していただきたいものです。

スポンサーリンク

ABOUTこの記事をかいた人

ひろりんこが運営する「Dramatic journey」は、ニュースやドラマのこと、旅やグルメなどについての記事を書いています。シンプルかつ、誰にでもわかるような記事作成と、多くの方の「知りたいな!」に応えられるように、いつも心がけています。興味のあるものから是非目を通してみてください。