スポンサーリンク




芸能エンタメ

安部亮平は気象予報士の資格保持者!合格までの優れた学歴を紹介

安部亮平は気象予報士の資格保持者!合格までの優れた学歴を紹介

2020年にメジャーデビューを果たした、大人気グループSnow Manのメンバーであり、ジャニーズ初の気象予報士として話題になった安部亮平さん。

ジャニーズに入所してから約15年と、下積み時代が長いことでも有名です。


芸能活動も忙しい中、勉強と両立しながらSnow Manとしてメジャーデビューに

至った経緯や、気象予報士を目指したきっかけは一体何だったのか、

安部亮平さんの道のりについて調べてみました。

この記事では、

  • 安部亮平の学歴
  • 気象予報士とは?
  • 仕事内容や合格率

について紹介していきます。ぜひ最後までご覧ください。

スポンサーリンク

阿部亮平の学歴がすごい!

安部亮平さんは1993年11月27日生まれの現在28歳です。

ジャニーズ事務所には2004年、11歳のときにオーディションを受け、入所しました。

阿部さんは2006年(当時はすでにジャニーズ入所済み)に港区立高松中学校へ入学します。

2009年には偏差値67の難関、都立駒場高等学校に入学。

ここで驚きなのが、高校1年生のときにSnow Manの前身グループである、

Mis Snow Manとしての活動もスタートしたということです。また、高校3年生の頃には、

同グループが主演の「HOT SNOW」という映画にも出演しています。

この頃から学業と芸能活動の両立をこなしていたというのが

阿部亮平さんの何事も中途半端にできない真面目さや、ストイックさがわかりますよね!

そして2011年、阿部さんは大学受験のため一度芸能活動を休止し、

受験勉強に専念します。

この頃の阿部亮平さんは、多い日で1日12時間程度勉強の時間を確保し、

かなり自分を追い込んでいたようです。

そして2012年、努力の末、見事上智大学 理工学部に一般受験で合格しました。

入学後芸能活動も再開します。勤勉な姿勢が垣間見える阿部さん。

在学中には「学業優秀賞」をもらうほどの成績だったとか。

それから大学4年生の時、『芸能活動で武器になるようなものがほしい』と考え、

気象予報士の試験に挑戦し、こちらも無事に合格しました。

スポンサーリンク

安部亮平|気象予報士とは?仕事内容や合格率

阿部亮平さんの取得した気象予報士といえば、情報番組でお天気をお伝えする、いわゆる「お天気キャスター」のイメージが強いですよね。

気象庁から提供される「観測データ」をもとに天気を予想し、予報業務を行うというのが気象予報士の主な仕事です。国家試験の合格率は、直近5年間で4.5~5.7%と極めて難しい試験のようです。

シロコ
シロコ
100人受けても5人ほどしか受からない非常に狭き門ですね。

安部亮平さんは、ジャニーズJrからSnow Manとしてデビューするまでに、

15年の下積み時代があり、これはジャニーズの中でも随分長めのようです。

そんな中、気象予報士を目指したきっかけは「芸能界でも武器になると思った」からだそう。

子どもの頃から内気で、自分には秀でた才能がないと感じていた安部さん。

活動にいかすために合格率の低い難関な資格をとろうと考えたようです。

気象予報士の試験内容は気象現象や大気の構造から始まり、

天気図を解析したり、実際に予報することを想定した問題、

さらには計算問題もあるなど、多岐に渡る知識が必要になります。

試験は学科試験と実技試験に分かれ、学科試験はマークシート、実技試験は記述式で行われるようです。

そもそも学科試験で基準に達しなければ実技試験には進めず実技試験はさらに難易度が高いようです。

等圧線の作図や、気象現象に対し、今後の変化や推移を述べるといった内容だそうですが、

専門分野であるとはいえ、試験内容を想像するのも難しいのではないでしょうか。

そんな試験をアイドルとして活動しながら取得したと思うと、安部亮平さんの勤勉さや、真面目な性格が伝わりますよね。

スポンサーリンク

まとめ

幼少期から自分に優れたものがないと感じていた安部亮平さんですが、名門大学の合格や、合格率の低い気象予報士の資格取得、

さらにはSnow Manとしてメジャーデビューを果たし、音楽活動はもちろんのこと、これまで培ってきた知識を活かし、クイズ番組などのメディアでも大活躍されています。

コンプレックスをきっかけに努力でたくさんのことを成し遂げる様子は、見習うべきものがありますよね。

安部亮平さん、インテリアイドルとしての今後の更なる活躍が楽しみです。

スポンサーリンク