スポンサーリンク




芸能エンタメ

赤池王子様(肇)さんの母親や父親について|肇に改名した理由とは?

赤池王子様(肇)さんの母親や父親について|肇に改名した理由とは?

赤池王子様さんから改名した男性が話題ですね。

話題になっているのは、赤池肇(はじめ)さん。

改名する前は赤池王子様さんでした。

赤池王子様さん(改名後は肇さん)の母親や父親について気になりませんか?

どういう思いで赤池王子様さんという名前にしたのでしょうね。

本記事では赤池王子様さん(改名後は肇さん)の母親や父親、

なぜ肇という名前に改名したのかをまとめました。

スポンサーリンク

赤池王子様さんの母親はどんな人?

赤池王子様さんの名付け親は母親です。

赤池王子様さんの母親は、「私の大事な息子という意味だよ。私にとっての王子様だから」という理由で、赤池王子様さんという名前をつけたそうです。

母が一人で出生届を提出したので父親も事後報告だったみたいですね。

母親の子供に対する思い入れの深さはとてもよくわかります。

シロコ
シロコ
「王子様」という名前はキラキラネームと言われるものなのでしょうか?

名づけ親である母親は、子供にとっても本当にこのお名前が良くてつけたとは思いますが、

親が良くても成長した子供は悩んでいたのでしょうね。

そうでないと改名なんてしないですものね。

スポンサーリンク

父親とは離婚している

赤池肇さん(ここからは改名後の名前でご紹介しますね。)の母親と父親は、赤池肇さんが2歳の時に離婚しています。

赤池肇さんは母親の方についてゆきました。

その後、赤池肇さんの母親は再婚し、再婚された男性との間に弟が生まれます。

弟の名前もなんとキラキラネームを付けられたそうです。

弟の名前のキラキラネームを見つけることはできませんでした。

シロコ
シロコ
再婚相手はキラキラネームを反対しなかったのかな?

ちなみに赤池肇さんの父親とは現在も月に数回お会いしているようですよ!

シロコ
シロコ
赤池肇さんと父親は仲が良さそうですね。

父親も赤池肇さんのことを気にかけてくれているようです。

母親の名づけ問題は大変だったようですが、赤池肇さんは、父親にも母親にも大切に愛されているのは間違いないと思います。

スポンサーリンク

赤池肇と改名した理由とは?

赤池肇さんが改名後の名前を「肇」という名前を選んだ理由ですが。

赤池肇さんの友達がたまたま手元にあった倫理の教科書をパラパラとめくって手を止めたところに、「貧乏物語』で知られる経済学者の「河上肇」の名前があって、友達も赤池肇さんも「初めての感じの顔じゃね?」としっくりきたので「肇」にしたようです。

新しい名前で人生を始めるという意味にもなるかなとも思ったようですよ。

改名後の感想

改名してから、赤池肇さんの感想は「単純に嬉しかった。」と答えています。

高校までの友達は今でも「王子」って呼んでいて、母親も父親も「おうちゃん」とか「王子」と呼ぶのでふた通りあるということになりますね。

シロコ
シロコ
「おうじ」をひらがな読みすれば、そんなにキラキラ感は感じられません。

スポンサーリンク

まとめ

赤池王子様さんの名付け親である母親や父親について調べてみました。

王子様から肇に改名したのは友達の助言があったからのようですね。

親の思い入れの深さもわからないでもありませんが、程々が大切ですね。

シロコ
シロコ
それにしても改名制度があってよかったですね。

赤池肇さんもしっかりした思考の持ち主で自分の意志がきちんとある方で素晴らしいですね。

そんな赤池肇さんの歩むこれからが楽しみですね!