エドはるみが大学院に進学?二科展にも挑戦し一発屋返上も!

エドはるみが大学院に進学?二科展にも挑戦し一発屋返上も!

エド・はるみさんといえば、ひと昔前、「グゥ~」で大ブレイクした、超有名お笑いタレント。

とはいえ、ここ最近、見かけなくなってしまい、気になっている人もいることでしょう。

そんなエド・はるみさんは大学院進学を果たし、二科展にて入選も果たしていました。

「一発屋」ということで傷ついた一面などについてもご紹介します。

スポンサーリンク

エドはるみが大学院に進学!

一発屋扱いされたことで悩んだというエド・はるみさんは、なんと大学院に進学していたのですね。

(一発屋扱いで悩んでいたエピソードについては後述します。)

実は、もともと、明治大学文学部卒業という高学歴だった、エド・はるみさん。

ところが、ブレイク期が去った後の2015年、慶應義塾大学大学院修士課程を修了していたのでした。

しゃらちゃん
今後、さらに博士課程に進学したいとのこと。

なんでも、研究とモノ作りを重視しているという、エド・はるみさん。

大学院で学んだことは、着実にこれからの活動に反映されるのではないでしょうか。

エド・はるみが二科展に挑戦!

この度、2021年9月1日〜13日まで、六本木・国立新美術館で開催される「第105回記念二科展」の絵画部門において、エド・はるみが入線いたしました。
エドは、「第104回二科展」でも初出品ながら初入選を果たし、今回が2度目の入選となります。引用:JIJI.COM

一発屋扱いで困惑していたエド・はるみさんは、学業のみならず、絵画にも精を出し、

『Life〜母から始まる物語〜』と言う絵のタイトルで入選しています。

すべての人は母からの影響を受けて人生を紡いでいくが、それらはたとえどんな人生であっても天から見ると美しい、ということが書きたかったそうですよ!

しゃらちゃん
エドはるみさんの絵にかける情熱が伝わりますね!

絵画の世界では有名な存在である、あの二科展に出品するという本格的な活動をし、2019年には、二科展絵画部門に入選もはたしています。

見た人が楽しくなったり、元気になる絵が描きたいという、エド・はるみさんは、「100号サイズの絵を数点描くのは大変な作業で、応募も諦めていたが、私も自分に負けちゃいかん!」と興奮して描き上げたようですね。

 

しゃらちゃん
エドはるみさんは、小学校の時には絵を習っていて、ずっと離れていたようです。

この心意気も、芸術センスも芸能活動に生かせそうで、何よりだと思いました。

スポンサーリンク

エドはるみは「一発屋」で傷ついていた!

かつて、「グゥ~」というインパクトのある芸で一躍、大ブレイクをはたした、お笑いタレントのエド・はるみさん。

しかし、残念ながら、2021年現在、あれがピークで、以降、活躍を拝見することがなくなってしまいました。

これは、いったい、どうしてだったのでしょうね。

断わっておきますが、エド・はるみさんは、トラブルなどを起こしたのではありません。

ただたんに、「グゥ~」というネタのほかにネタがなかったこと、そして、「グゥ~」のインパクトを超えられなかったからでした。

ということで、他の似たような芸能人と同様、一発屋と称されるようになったエドはるみさんは、このことでとても傷ついたとのこと。

一発屋という表現自体、刃物のようなものだと認識しているというのです。

そうとうショッキングだったのでしょう。

そんなエド・はるみさんは、一発屋返上をめざしたいとも思っていたとか。

ぜひ、応援したいものですね。

エドはるみのプロフィール

エド・はるみさんは、1964514日、東京都出身。

2021912日現在の年齢は57歳です。

エドはるみのTwitter

エド先生のYouTubeチャンネル

実は、1981年、映画『の・ようなもの』に出演するなど、女優としても活動していました。

以後、映画では、『男はつらいよ 幸福の青い鳥』など。

ドラマでは、『夕陽をあびて』などといった作品にも出演しています。

しかし、その後、NSC東京に入ってお笑いの道を志し、「グゥ~」のネタで大ブレイク。

2008年には、新語・流行語大賞を受賞したのでした。

これだけ活躍すれば、一発屋と評されてしまうのはたまらないというくらいの、すばらしい経歴ですね。

まとめ

最盛期にはテレビで見かけないことがなかった、エドはるみさん。

それが、一発屋呼ばわりされたり、さまざまな挑戦をしていたとは、意外でしたね。

どのような著名人であっても、いろいろあるものです。

学業や絵画も、もちろん、すばらしいのですが、またエド・はるみさんがブームになることにも期待したいと思いました。

スポンサーリンク

ABOUTこの記事をかいた人

ひろりんこが運営する「Dramatic journey」は、ニュースやドラマのこと、旅やグルメなどについての記事を書いています。シンプルかつ、誰にでもわかるような記事作成と、多くの方の「知りたいな!」に応えられるように、いつも心がけています。興味のあるものから是非目を通してみてください。