深田恭子が休養後に復帰!発表されていた適応障害とは何で現在は?

パパ活相手から1300万円腕時計盗む!女子大生の顔画像は?インスタや大学はどこ?東京都港区

適応障害であることを発表して、仕事を休業してきた、深田恭子さん。

とうとう、多くのファンが待ちに待った女優業復帰となりました。

ひろりんこ
とても吉報ですね。

そこで、どういう経緯だったのかを確認していきたいと思います。

また、深田恭子さんがなった適応障害とはどういう病気なのかも、あわせて見てまいりましょう。

スポンサーリンク

深田恭子が休業後に復帰!現在は?

 

この投稿をInstagramで見る

 

深田恭子(@kyokofukada_official)がシェアした投稿

深田恭子さんは、202192日、満を持して、適応障害からの復帰を発表

吉報が発表されたのは自身のインスタグラムです。

その内容とは、適応障害のために続いていた休業の終了、女優業の再スタートというものでした。

くわしくは、自身の休業によって関係各位に及んだ影響への陳謝、ファンの人たちなどによる支援への感謝が述べられいました。

ひろりんこ
現在の症状は大丈夫なのでしょうか?

現在の症状は、身心ともにしっかり回復することができたこと、などとなっています。

休業が明らかになってから3ヶ月ちょっとで、めでたく復帰となった、深田恭子さん。

きっと、所属事務所が親身になって深田恭子さんを支援してくれたことも大きかったのではないでしょうか。

適応障害が発表されてからの経緯

深田恭子さんが適応障害になったと発表されたのは、20215月のこと。

医師から診断をされた後、所属事務所によって、2021526日に報告されました。

その内容とは、深田恭子さんがしばらくのあいだ、療養生活に入ること、そして、それにともない、仕事の方は休業するというものだったのです。

所属事務所は、報告時、休業にともなう影響について、陳謝し、深田恭子さんを支援していくむね、表明していました。

なお、このことによって、深田恭子さんは、本来主演するはずだった20217月クールの連続ドラマについても、残念ながら、降板することとなったのです。

深田恭子さんが降板したのはドラマ『推しの王子様』で、代役は比嘉愛未さんが務めました

適応障害とは何?治療法は?

深田恭子さんがなった適応障害とは、精神障害の1種。

ストレス関連障害群の1種でもありました。

症状としては、心身両面において、さまざまなものが出てくることが知られています。

ひろりんこ
実際に適応障害になってしまった場合、自然に回復していくパターンもあれば、長期化してしまうパターンもみられていたようですね。

深田恭子さんの場合、長期化しなかったのは幸運だったということです。

肝心の治療法としては、心理療法と薬物療法の2種類がありました。

もっとも、心理療法を取ることが望ましく、薬物療法を取ることはそうではないという見解が取られています。

スポンサーリンク

深田恭子のプロフィール

深田恭子さんは、1982112日、東京都出身。

20219月現在の年齢は38歳です。

1996年に芸能界デビューし、1997年にドラマ『海峡』に出演して女優としての活動をスタートさせました。

1998年には、ドラマ『神様、もう少しだけ』に出演し、これが出世作となることに。

以後も、深田恭子さんは、2004年には、映画『下妻物語』で奇抜な女性役。

2005年には、ドラマ『富豪刑事』で刑事役などといったキャラクターを演じていきます。

美しいヴィジュアルはもちろんのこと、独特の存在感も定評になっていった、深田恭子さん。

2021年にも、映画『ルパンの娘』に主演するなどといった、実に顕著な活躍を見せてきたのでした。

まとめ

深田恭子さんがなった適応障害は、なかなかめんどうな疾患だと言えるでしょう。

それゆえに、深田恭子さんが適応障害だと発表されたとき、動揺した方は少なくなかったのではないでしょうか。

もっとも、早期に復帰することができて、不幸中の幸いでした。

これからもぜひ、健康面に留意して活躍してほしいものですね。

スポンサーリンク

ABOUTこの記事をかいた人

ひろりんこが運営する「Dramatic journey」は、ニュースやドラマのこと、旅やグルメなどについての記事を書いています。シンプルかつ、誰にでもわかるような記事作成と、多くの方の「知りたいな!」に応えられるように、いつも心がけています。興味のあるものから是非目を通してみてください。