スポンサーリンク




芸能エンタメ

平野紫耀「しぬなよ」が「元気でね」に変化した理由とは?

平野紫耀「しぬなよ」が「元気でね」に変化した理由とは?

平野紫耀さん、今まさに主演を務めているドラマ「クロザキ」が放送中に、King & Princeの脱退と事務所退所で騒然としています。

2022年11月4日に脱退と退所を発表。

King & Princeの平野紫耀さん、岸優太さん、神宮寺勇太さんが2023年5月22日をもってグループを脱退、同日に平野紫耀さんと神宮寺勇太さんが事務所を退所し、岸優太さんが2023年秋に退所予定となっています。

さて、2022年7月から10月まで全国7とし33公演行われたアリーナツアーの10月16日の福岡公演にて。

平野紫耀さんは「元気でね」と言ったんです。

いつもが「しぬなよ」というのに。

平野紫耀さんが、しぬなよという理由と、元気でねに変化した理由を考察してみました。

スポンサーリンク

平野紫耀「しぬなよ」という理由

平野紫耀さんが「しぬなよ」という理由は、平野紫耀さんの身内や友人の多くが亡くなっているからだと本人が明かしています。

平野紫耀さんは「関わった人はなるべく死なないでもらいたい」とも語っており、さまざまな感情を抱きながら活動を続けているようですね。

2018年10月5日からスタートしたドキュメンタリー番組「RIDE ON TIME」の中でも驚きの告白をしており、『すっごい死んじゃうんだもんなー。」と明かしたりしています。

平野紫耀さんは学生時代はヤンキーだったと言われていますね。

番組を見ていた視聴者からは「ヤンチャな友達がバイク事故とかで亡くなったのかな?」との憶測も飛び交い、ヤンキー時代の黒歴史が再び注目されることともなったとか。

それにしても、そう簡単に「しぬなよ」とは発しませんよね?

平野紫耀さんは「死」に関しては敏感なのでしょうね?

きっと公開できない様々な理由があるのかもしれません。

スポンサーリンク

平野紫耀「元気でね」に変わった理由


いつもはライブの最後に「しぬなよ」というのに、2022年10月の公演では、アンコールの際に涙を見せ「元気でね」と言った理由は、

脱退と退所がすでに決まっていたからではないでしょうか?

平野紫耀さん、帯状疱疹も患っていて、

疲労やストレスなどによって免疫力が低下した状態で発症することが多いとされているだけに、元気でいることが何よりということを痛感したのかもしれませんね。

平野紫耀「しぬなよ」まとめ

平野さんがいつか限界を迎えてしまうというファンの思いも強かったのですが、グループ脱退が現実になってしまいましたね。

グループを脱退しても、事務所を退所しても、無理なく平野紫耀さんらしいスタイルで過ごしてほしいと願うばかりです。

スポンサーリンク