ホラン千秋の学生時代と学歴が凄い!採用(キー局アナウンサー)が全敗の過去も?

ホラン千秋の学生時代と学歴が凄い!採用(キー局アナウンサー)が全敗の過去も?

キャスターをはじめとして、タレント、さらには女優など、多彩に活動している、ホラン千秋さん。

ところが、信じられないことに、そんなホラン千秋さんにも苦難の日々があったとか。

なんと、キー局のアナウンサーの採用に全敗したというのです。

そんなホラン千秋さんがポジティブになれたという理由が、学生時代と学歴に秘められていますのでご紹介したいと思います!

スポンサーリンク

ホラン千秋の学生時代!

ホラン千秋さんの学生時代についてご紹介します。

キー局のアナウンサーに全敗しながらも、ホラン千秋さんがポジティブになれたキッカケの1つには、学生時代にがあったからなので、チェックしておく必要がありますね!

ホラン千秋さんの学生時代にご興味がある方も多いかと思われます!

学歴①大学はどこ?

さて、ホラン千秋さんは、大学は青山学院大学文学部英米文学科を卒業しています。

「英語の青山」を体現する伝統ある学科で有名ですね!

英語の4技能を徹底的に磨くと同時に、英語圏の文学や思想、歴史、言語について学美、世界で活躍できる人間を育成していることにおいては有名な大学です。

青山学院大学文学部英米文学科では、学業奨励賞まで受賞するという実績を収めていました。

その後、ホラン千秋さんは、アメリカのオレゴン州立大学に留学します

オレゴン州立大学とは、全米でも国際的に認められる総合大学ですよね!

全米では59位で、世界でトップ102位にランクインする大学で、ノーベル化学賞、平和賞2つのノーベル賞を受賞したライナスポーリングもオレゴン州立大学の卒業生です。

この留学によって、外国人の学生たちに接し、多様性を知って、自分の感覚と他人の感覚が違うと気づき、ポジティブにつながったというのでした。

大学時代は、ホラン千秋さんにとって、学業だけではない実りあるものになったのですね。

学歴②高校はどこ?

ホラン千秋さんの高校は、東京都立国際高校です。

東京都立国際高校は、校風が自由で、生徒の自主性重視が特徴です。

ホラン千秋がポジティブになれたのは高校生活がキッカケでもあるでしょう!

キー局のアナウンサーに全敗したホラン千秋さんがポジティブになれたキッカケとしては、高校生活にも関係しているかと思われます。

そのため、学校から言われてやるのではなく、みずから考えることが当たり前だったとか。

このような高校生活が送れて、ホラン千秋さんも恵まれていたといえるのではないでしょうか。

ホラン千秋の過去!キー局アナウンサー全敗?

ホラン千秋さんには痛い過去の経験があります。

それは、民放キー局のアナウンサー試験のみならず、

制作の採用試験にも1つのこらず失敗してしまったという過去です。

NEWS ZERO』、『Nスタ』といった報道番組でキャスターとして活躍してきた、ホラン千秋さん。

知的なイメージを持ちつつ、『くりぃむクイズ ミラクル9』といったバラエティー番組にも出演するなど、その存在感は小さくありません。

ところが、ホラン千秋さんには、かつて、キー局のアナウンサーの採用に全敗したという、今では考えられないような過去もあったのですね。

ホラン千秋さんは、前述の学歴にあるように、アメリカに留学するものの、帰国後の就活では苦戦。

ところが、ホラン千秋さんは、へこたれるどころか、いたってポジティブに。

全部ダメであっても、むしろ、芸能界で活躍しろという意味だととらえたというのです。

本当にすばらしい発想です!

スポンサーリンク

ホラン千秋のプロフィール

キー局のアナウンサーに全敗という悲哀も味わっていたというホラン千秋さんは、1988928日、東京都出身。

2021911日現在の年齢は32歳です。

父親はアイルランド人、母親は日本人というハーフに生まれました。

子供のころからキッズモデルとして芸能活動を開始。

2005年、ドラマ『魔法戦隊マジレンジャー』に出演して、女優デビューしました。

そして、すでにご紹介しましたとおり、キャスター、タレントとして、たくさんの報道番組やバラエティー番組にも出演していきます。

これまでにドラマでは『砂の塔~知りすぎた隣人』など。

映画では『黒執事』などに出演しました。

まとめ

今でこそ、キャスターとして大活躍のホラン千秋さん。

それだけに、まさか、キー局のアナウンサーの採用に全敗していた過去があるなんて、にわかには信じがたいことですよね。

しかし、学歴をたどると、苦労がありながらも、素晴らしい学生時代を過ごしたことが判明しました。

現在の地位を築き上げた苦労は、きっと、そうとうなものだったに違いありません。

そうした努力が見事、結実することになって、本当によかったですね。

これからも陰ながら応援させてください!

スポンサーリンク

ABOUTこの記事をかいた人

ひろりんこが運営する「Dramatic journey」は、ニュースやドラマのこと、旅やグルメなどについての記事を書いています。シンプルかつ、誰にでもわかるような記事作成と、多くの方の「知りたいな!」に応えられるように、いつも心がけています。興味のあるものから是非目を通してみてください。