小室圭の母親の佳代さんは400万円を何に使った?学費に使った?

小室圭の母親の佳代さんは400万円を何に使った?学費に使った?

スポンサーリンク

2021年4月8日に、小室圭さんが金銭トラブルについて説明する文書を公表しましたが、大きな話題となっています。

小室圭さんの母親の佳代さんは、2010年11月からの1年2ヶ月で、佳代さんの元婚約者から、400万円以上受け取っています。

この400万円は一体何に使ったのでしょうか?調査してみました!

小室圭の母親の佳代さんは400万円を何に使ったのか?

小室さん文書に残る謎…佳代さんは400万円を何に使ったのか?
答えは、小室文書注釈[注11]の【2】
>母が元婚約者の方にお願いして一時的に200万円を送金していただいたことがありました。無事にビザを取得することができたのでお返ししたいと母がお伝えしたところ、元婚約者の方が、いちいち振り込むのも面倒なので当面の生活費に充ててくださいとおっしゃってくださり、生活費に充てることになりました。引用:Yahoo!ニュース

Yahoo!ニュースの世間の声からしますと、小室圭さんの母親の佳代さんが元婚約者からの400万円は、留学費用と生活費に充てたということになるのではないでしょうか?

小室圭さんの母親の佳代さんが400万円は何に使ったのかは、明らかには公開されていません。

小室圭さんの金銭トラブルについて説明する文書には以下のように記されています。

入学金と授業料についてはすべて私の貯金と奨学金と賄っています。
引用:NHK【全文】小室圭さん金銭問題の説明文書公表

小室圭さんの金銭問題の説明書文書によると、「授業料についてはすべて私の貯金と奨学金で賄っています。」と説明しており、元婚約者から受け取った400万円は自分の学費には一切使っていないとのことになります。

さらに、週刊現代の記事によると、矛盾が生まれます。

佳代さんからA氏への金銭援助の依頼が始まったのは婚約直後からだ。
最初は2010年11月に圭さんの国際基督教大学の入学金45万3000円を求められたことだった。その後も、生活費など、様々な形で要求が続く。
夜中に電話がかかってくることもあり、毎月のように金銭を求められた。
圭君の留学費用として、200万円を振り込んだこともあります。
申し訳ありませんが、当分の生活費をお借りしても良いでしょうか。
引用:週刊現代

週間記事の内容によりますと、国際基督教大学の入学金45万3000円と、小室圭さんの留学費用として200万円を振り込んだとありますね。

しかし、小室圭さんの金銭問題の説明文書では、入学金と授業料についてはすべて私の貯金と奨学金で賄っていますと。

小室圭さんの文書内の内容と、元婚約者がいう、佳代さんに貸したか渡したかの(借金なのか贈与なのかは未だ不明です。)400万円の使い道が異なり、混乱します。

スポンサーリンク

世間の声もまとめてみようと思います。

  • 足らない学費やら留学費やらに使ったと思うで。
  • 自分と自分の親と子のために使ったんでしょうね。宗教へのお布施とかするのでしょうか。
  • 学費と貯金と奨学金で賄った。当時18歳の若者の貯金なんてしれてるし、奨学金って言っても私立の大学の学費を奨学金で賄ったとしたら結構な金額借りてますよね。
  • ローンもなく遺族年金とパート収入があり学費は奨学金。それなら人からお金を貰う必要はない。大体お金に困ってるなら消費者金融とかで借りるという手段もある。
  • 学費に使っていないとすればセレブな生活の為に使ったんでしょう。
  • 贅沢を考えるとあっという間でしょう。
  • インターナショナルスクールから私立大学。お付き合いだなんだかんだで400万くらいパラパラと無くなってしまっているんだと思います。
  • いくつもいくつも奨学金を借りているよだが、アメリカ(しかも大都市)で暮らすのは、生活費だけでも相当かかる。貯金なんて、この親子にあるわけがない、と思うのは私だけだろうか?
  • 『入学金と授業料については全て私の貯金と奨学金で賄っています』しかし、お母親は元婚約者から400万円もの大金を受け取った事は事実でしょ?お金には誰の物か記名はありませんし、母親がも貰ったお金で小室圭さんも養ってもらっていたんでしょう?回りまわって入学金と授業料にもいっているという味方もできませんか?

一体、小室圭さんと元婚約者は、どちらが正しいことを言っているのでしょう?

小室圭さんの母親の佳代さんの400万円の使い道は未だ、明らかには公開されてはいませんが、小室圭さんと元婚約者の仰ることに、矛盾がありすぎて、混乱してしまいますね。

世間の声などもまとめますと、留学費用と生活費に充てたとも想像できるのですが。

小室圭さんの金銭問題についてはまだまだ話題が続きそうですね。

今回はここまでとさせていただきます。

最後までお読みいただきありがとうございました!

スポンサーリンク

ABOUTこの記事をかいた人

ひろりんこが運営する「Dramatic journey」は、ニュースやドラマのこと、旅やグルメなどについての記事を書いています。シンプルかつ、誰にでもわかるような記事作成と、多くの方の「知りたいな!」に応えられるように、いつも心がけています。興味のあるものから是非目を通してみてください。