佐藤剛容疑者の顔画像やFacebookは?土木会社社長で会社の名前は?『TEAM瑛大-えいた-』のご紹介も!

佐藤剛容疑者の顔画像やFacebookは?土木会社社長で会社の名前は?『TEAM瑛大-えいた-』のご紹介も!

スポンサーリンク

2020年9月6日、福島会津若松市の猪苗代湖にて、当時8歳の豊田瑛大君がお亡くなりになり、豊田瑛大君の母親が重傷を負い、知人の男児に重傷を負わせてしまったという、なんとも痛ましく、胸が痛む事件が起きてしまいました。

この事件の事故で逮捕されたのは、佐藤剛容疑者で、ボートを操縦していました。

しかし佐藤剛容疑者は「身に覚えがない」と話しているようで、容疑を否認している現状ですが、そんな佐藤剛容疑者の顔画像やFacebookがあればどのような投稿をしているのか?また、どんな会社に務めているのか知りたい方のために、本記事では調査してゆこうと思います。

佐藤剛容疑者の顔画像やFacebookは?

2021年9月15日追記しました。

佐藤剛容疑者の顔画像ですが、以下を参照にされてください。

佐藤剛容疑者のfacebookやInstagram、Twitterなどを探してみましたが、同姓同名が多くいます。可能性が高いアカウントがありますが、こちらでの特定は控えさせていただきます。

佐藤剛容疑者の現在公開されている情報

  1. 名前:佐藤剛
  2. 年齢:44歳
  3. 住所:東京都中央区勝どき1
  4. 職業:土木会社社長
  5. 容疑:業務上過失致死傷容疑

逮捕容疑は、猪苗代湖上で、豊田瑛大君ら4人がライフジャケットを着用した状態で浮かんでいたところを、佐藤剛容疑者が操縦の大型プレジャーボートで巻き込み、豊田瑛大君がお亡くなりになり、豊田瑛大君の母と知人の男児に重傷を負わせたとしています。

スポンサーリンク

佐藤剛容疑者は土木会社社長で会社の名前は?

福島県警捜査1課は14日、東京都中央区勝どき1、土木会社社長、佐藤剛容疑者(44)を業務上過失致死傷容疑で逮捕した。佐藤容疑者は「身に覚えがない」と容疑を否認してるという。引用:Yahoo!ニュース

佐藤剛容疑者は、ニュースサイトのよると、土木会社社長のようです。

現状では佐藤剛容疑者の土木会社の会社名は公開されていません。

公開され次第追記しますのでお待ちください。

引き続き調査を続けてゆきたいと思います。

佐藤剛容疑者の業務上過失死傷罪とは?専門家の意見!

業務上過失致死傷容疑は、5年以下の懲役若しくは禁錮又は100万円以下の罰金であり、重罪です。被害者の年齢や数を見ていると、民事上の損害賠償請求も相当多額に及ぶと予測されますが、加害者男性はきちんと損害保険に加入していたのでしょうか?
引用:Yahoo!ニュースコメント欄、弁護士、山岸久郎氏より。

佐藤剛容疑者が故意ではないにしろ、小さな命が奪われていることを反省していただきたいと願います。

しかし、犯人特定に1年もかかってしまったのですね。

今後海で遊ぶときの注意点も残された私たちは周知していなければなりませんね。

再発防止策の策定や、安全管理の徹底も願いたいです。

そのために、事件の真相を報道していただきたいと思います。

スポンサーリンク

豊田瑛大君の死を無駄にしないように『TEAM瑛太-えいた-』開設のご紹介と母親のブログ

この記事の執筆者も、一児の娘がいる母親で、より正確な情報をお伝えしたい気持ちにあふれています。

そんな気持ちでこの事件を追っていたところ、

『TEAM瑛大-えいた-』というホームページを見つけました。

事故当日、トーイングスポーツ(水上バイクで引っ張りながら遊ぶスポーツです。)というものを楽しもうと、水上バイクに乗って湾部へ移動してから、事故までの経緯が綴られていますので、どうぞご参考にされてください。

TEAM Eita「瑛大くんの死を無駄にしないように」

豊田瑛大君のお母様のブログも見つけました。

私も読み続けようと思います。

この記事の執筆は2021年9月14日です。

事件が起きたのは、1年以上前の2020年9月6日です。

前述しましたが、加害者の特定がなぜ進まなかったのか?

この疑問にも

『TEAM瑛大-えいた-』

が参考になると思います。

しかし、遺族の気持ちを考えると辛すぎます。

心から亡くなった豊田瑛大君のご冥福をお祈り申し上げます。

まとめ

佐藤剛容疑者について、現段階で公開していることをまとめさせていただきました。

このような事件が二度と起こらないように、私たちは日頃何を心がけなければいけないのでしょうか。

命の尊厳さなど、改めて考え直します。

豊田瑛大君のお母様のブログはこれからも読まさせていただきます。

事件について明らかな情報があれば追記してゆきます!

そして前述しましたが、心から豊田瑛大君のご冥福をお祈り申し上げます。

スポンサーリンク

ABOUTこの記事をかいた人

ひろりんこが運営する「Dramatic journey」は、ニュースやドラマのこと、旅やグルメなどについての記事を書いています。シンプルかつ、誰にでもわかるような記事作成と、多くの方の「知りたいな!」に応えられるように、いつも心がけています。興味のあるものから是非目を通してみてください。