前田敦子の独立とは?事務所退所で自由に!子供やドラマについても独白!

前田敦子の独立とは?事務所退所で自由に!子供やドラマについても独白!

スポンサーリンク

かつてはAKB48のメンバーとして人気アイドルだった、前田敦子さん。

AKB48卒業後は、女優に専念し、これまでに着実に実績を重ねてきました。

ところが、そんな前田敦子さんも、2021年現在、はや30に。

そこで、現在の心境を独白していたのですが、自身の子供、出演ドラマ、そして事務所退所についての想いとは

前田敦子の独立!事務所退所後自由に!

前田敦子さんは、芸能デビュー後、ずっと太田プロダクションに所属して活動してきました。

しかし、2020年いっぱいで退所し、それ以降はフリーランスに。

前田敦子さんはこのことについても独白しており、太田プロダクション時代は、事務所サイドに気を遣って、お伺いを立てていたとのこと。

ところが、退所後は、隠しているものがなくなったというのです。

この心境の変化は、前田敦子さんの活動にどのような影響をおよぼしていくというのか、注目となることでしょうね。

30歳になった前田敦子の子供についての心境は?

AKB48時代には、選抜総選挙で1位にもなる不動のエースだった、前田敦子さん。

大島優子さんとのライバル関係でもおなじみでしたが、2人とも卒業、結婚しましたので、隔世の感がありますね。

さて、そんな前田敦子さんが30歳になった現在の心境を独白したといいます。

まずは子供のこと。

前田敦子さんは、2018年に勝地涼さんと結婚し、2019年に長男が誕生しました。

勝地涼さんとは残念ながら、2021年、離婚してしまいましたが、子供の親権は引き続き、前田敦子さんが持っています。

前田敦子さんは、この子供について、熱く語っていました。

出産前から、家族を強く意識していたという、前田敦子さん。

それが、出産後は、家族への意識がより明確になったそう。

しかし、仕事をセーブするといった意味ではなく、むしろもっと働くことで子供に尽くしたいと、使命感が強くなったといいます。

今後も、前田敦子さんの女優活動がいっそう拝めそうで、安堵できましたね。

スポンサーリンク

前田敦子30歳、ドラマについての心境!

前田敦子さんは、30代になって初めて出演したドラマについても独白しています。

そのドラマとは、Huluで配信されている、ドラマ『死神さん』。

「死神」といってもホラーではありません。

田中圭さん扮する「死神」と呼ばれている刑事が活躍するミステリーでした。

監督は堤幸彦さんで、前田敦子さんが演じる役は、南川メイという、原作にはないオリジナルキャラクター。

この役は堤幸彦さんが作ったそうで、このことを前田敦子さんはとても好意的に受け止めていたのです。

なお、前田敦子さんと堤幸彦さんが組むのはこれで4度目。

そのため、堤幸彦さんとの人間関係もうまくいっているとのことでした。

前田敦子のプロフィール

前田敦子さんは、1991710日、千葉県出身。

2021923日現在の年齢は30歳です。

2005年、AKB48 オープニングメンバーオーディションに合格したことによって、AKB48のメンバーとして芸能界へ入りました。

2007年には、映画『あしたの私のつくり方』に出演したことによって、女優デビューしています。

選抜総選挙では、2009年と2011年と、2度に及んで1位に。

そして2012年にAKB48を卒業し、女優として現在に至っていました。

まとめ

アイドルグループを卒業した場合、そのままいきおいが落ちてしまうというパターンも少なくありません。

しかし、前田敦子さんはいきおいが落ちるどころか、ますます活動の場が広がっていますから、さすがでしょう。

こんな前田敦子さんなら、2022年も映画にドラマと、さらに存在感を発揮してくれるのではないでしょうか。

スポンサーリンク

ABOUTこの記事をかいた人

ひろりんこが運営する「Dramatic journey」は、ニュースやドラマのこと、旅やグルメなどについての記事を書いています。シンプルかつ、誰にでもわかるような記事作成と、多くの方の「知りたいな!」に応えられるように、いつも心がけています。興味のあるものから是非目を通してみてください。