「日本三景の松島」の楽しみ方をご紹介!ひとり旅でも大切な方とでもおすすめ!

「日本三景・松島」の楽しみ方をご紹介!

今回は「日本三景・松島」に行ったので体験談をお伝えします。

ひろりんこ
インスタ映えするロケーションが多く楽しめますよ!

松島はいろいろな楽しみ方ができる

日本三景のひとつとして人気の景勝地・松島。

瑞巌寺五大堂や瑞巌寺、円通院、福浦橋など、まるで一枚の絵ハガキでも見ているかのような魅力あふれるスポットは、今も多くの人の心をとらえて離しません。

四季折々に違う表情を見せてくれるのは、松島を楽しむうえでの大きなポイントだと思います。

季節に合わせて、いわゆるインスタ映えのするロケーションはたくさんありますので、マップを片手にブラっと歩いてみてはいかがでしょう。

まず何といってもおすすめしたいのが、松島湾内の島巡り観光船です。

観光船を利用すれば、まさに美しさの競演ともいうべき、うっとりするような島々と出会うことができます。

仁王島や双子島など、個性豊かな島の形は見ごたえたっぷり。

観光船のデッキからは、海と島、空が演じるパノラマのような風景を楽しむことができます。観光船のデッキにいると、愛らしいカモメたちが追いかけてくることもあります。

ショッピングを楽しむなら、松島さかな市場がおすすめです。新鮮な魚介類が勢ぞろいしていて、松島ならではの海の幸を手に入れることができるのは嬉しいです。

なかでも松島の牡蠣は全国的にも有名なので、ぜひチェックしてほしいところです。

見て・食べて・出会って、松島には本当にいろいろな楽しみが詰まっています。

ガイドブックで取り上げられているスポットの他にも、見どころがたくさんあり、松島はまさに楽しさの宝箱といってもいいでしょう。

自分流の楽しみ方が探せる観光地。松島にはそんな側面もあると思います。

わからないことがあったら、ぜひとも地元の方に声をかけてみてください。いつも温かいおもてなしをしてくれる地元のみなさんの笑顔も、かけがえのない出会いのひとつです。

スポンサーリンク

松島のおすすめな楽しみ方をご紹介

松島に興味をお持ちいただいたみなさんのために、自分自身、もっとも好きな松島での楽しみ方をご紹介しましょう。

楽しみ方①離島へ足を運ぶ

例えば松島湾に浮かぶ桂島なら、気軽に船で出かけて、島内を散策することが可能です。特に春から夏にかけては、島内が美しい自然に包まれて、色とりどりの花が咲き誇ります。

ちょっと船に乗るだけで、これほどのどかな風景と出会えるなんてと、私自身、信じられない想いでした。

ちなみに私はカメラが趣味なのですが、その後も桂島のことが気に入り、毎年のように風景写真を撮りに出かけています。

松島湾内には、桂島の他にも美しい離島が浮かんでいますので、興味のある方はぜひインターネットでチェックしてみてください。

離島での滞在は、釣りが好きな方にもおすすめかもしれないです。

楽しみ方②温泉

松島でおすすめしたいのが、実は温泉です。「えっ、松島にも温泉があるの!?」と思われる方も多いと思いますが、手軽に利用できる温泉があるのです。

もちろん日帰りの温浴施設もあり、松島を散策したあとは、ぶらり温泉にでも立ち寄って、旅の疲れを癒しながら、松島での思い出にひたってみるのも一興です。

楽しみ方③花火大会

松島の夏の風物詩でもある松島灯籠流し花火大会も見逃せません。

自分自身、松島町内のホテルに泊まって、一度だけ花火を見たことがありますが、まさに圧巻としかいいようがありませんでした。

大会当日はホテルや旅館も混むと思われますので、松島の花火を見てみたいという方は、インターネット等を利用して、あらかじめ花火大会の日程や宿泊の予約を確認しておくのがいいでしょう。

スポンサーリンク

松島の景色は一度観てみてほしい

松島には松島四大観といって、特に眺望の見事なスポットが4か所あります。

  1. 壮観・大高森
  2. 麗観・富山
  3. 偉観・多聞山
  4. 幽観・扇谷

この4つがそうですが、朝日が昇る頃だったり、紅葉のシーズンだったり、時間帯や季節を変えながら訪れてみることで、まさに深く印象に刻まれるような光景と出会うことが可能です。

ひろりんこ
これはもう「百聞は一見に如かず」で、いくら活字で一生懸命お伝えしたところで、残念ながら何も伝わらないかもしれません。

とにかく一度、足を運んでみることをおすすめしたいです。

松島四大観を訪ねる際は、ひとり旅を決め込むのもいいでしょうし、誰か大切な人と一緒に行くのもいいでしょう。

できれば雄大な自然と出会って、何か新しい決意がしたいとか、勇気がほしいとか、そんなことを思い描いている方におすすめしたいです。

自分自身、大高森へ行って、松島湾を見渡したときは、とてつもなく大きな気持ちになれたことを思い出します。

松島の雄大さに圧倒されてしまい、小さなことでくよくよしている自分が恥ずかしくなりました。

松島に限らず、どの観光地でも同じことはいえるのかもしれませんが、大切なのはそこへ行って何を感じるか、そして何を得ることができたのかだと思います。

日常とは違う風景を垣間見て、そこで新しい自分と出会うことができれば、その旅の持つ価値はぐんと高まるはずです。

ちょっとオーバーかもしれませんが、日本三景・松島には自分の気持ちを大きくしてくれる、おおらかにしてくれる。そんな不思議な魅力があると思います。

人生の休憩時間をうまく利用しながら、みなさんもぜひ松島の旅を楽しんでほしいと願わずにいられません。松島で新しい自分探し。ぜひチャレンジしてみませんか。

スポンサーリンク

ABOUTこの記事をかいた人

ひろりんこが運営する「Dramatic journey」は、ニュースやドラマのこと、旅やグルメなどについての記事を書いています。シンプルかつ、誰にでもわかるような記事作成と、多くの方の「知りたいな!」に応えられるように、いつも心がけています。興味のあるものから是非目を通してみてください。