村上宗隆と池江璃花子の共演とは?彼女はいる?成績や経歴まとめ!

村上宗隆と池江璃花子の共演とは?彼女はいる?成績や経歴まとめ!

スポンサーリンク

ヤクルトの村上宗隆選手が、史上最年少100本塁打を達成したと話題ですね!

まずは村上宗隆さん、おめでとうございます!

そんな素晴らしい記録を成し遂げた村上宗隆選手が気になり、調査を進めると、

村上宗隆選手に池江璃花子さんというサジェストが?

彼女ではないですね?

経歴や年俸、成績などについてもあわせて調べてみることにしました!

村上宗隆と池江璃花子の共演とは?

競泳女子の池江璃花子=ルネサンス=が、25日に行われるヤクルト中日戦(神宮)で始球式を務めることが発表された。引用:Yahoo!ニュース

村上宗隆選手が出場する2021年9月25日の中日戦で、池江璃花子さんが始球式を務めるのですね!

池江璃花子さんはヤクルトの広告キャラクターを務めているからなのでしょうね。

池江璃花子さんは白血病から復活を遂げて、2021年4月の日本選手権で4冠を達成。

五輪の出場権を獲得し400メートルメドレーでは決勝に進出している方です。

それにしても、村上宗隆さんと池江璃花子さんのお写真、お似合いに見えるのは私だけではないでしょうか?

村上宗隆に彼女はいる?

村上宗隆選手の彼女の情報は詳しく調査しましたが、見つかりませんでした。

村上宗隆選手の女性の話題は、前述しましたが、池江璃花子さんくらいです。笑。

熊本では野球一筋で過ごしてきたようですし、プロ入りしても野球一筋で努力してきたからこそ、素晴らしい成績を残しているのだと思われます。

こんなに魅力的な選手ですから、彼女やお嫁さんに選ばれた方は幸せですね。

野球を一筋に愛してくれたように、彼女やお嫁さんに選ばれた方も、一筋に愛してくれるのではないでしょうか?

プロフィール

  1. 名前:村上宗隆
  2. 出身地:熊本県熊本市東区
  3. 生年月日:2000年2月2日
  4. 身長:188センチ
  5. 体重:97.0kg
  6. 家族:父(村上公弥さん)母(村上文代さん)兄、弟の5人家族

詳しい経歴や年俸についてみてみましょう。

スポンサーリンク

村上宗隆の経歴や年棒は?

村上宗隆選手の経歴をご紹介します。

村上宗隆選手は5歳から野球を始めています。

出身校である九州学院高等学校では、1年生の時から一塁手のレギュラーに定着し、夏の熊本大会で優勝し甲子園出場を果たします。

通算52本塁打でその並外れた長打力からは「肥後のベーブ・ルース」と言われるくらいだったそうです。

プロ入りは2017年ドラフト1位で、初出場は2018年9月16日です。

この2018年9月16日、まさに一軍昇格の瞬間に、

広島東洋カープ線に6番三塁手で先発出場し、2回に初打席初本塁打を記録しています。

まさにこの瞬間に、2000年代生まれの選手が一軍公式戦で記録した、日本プロ野球史上初の本塁打になったのです!

年別に活躍ぶりを簡単にまとめますと、以下の通りです。

  1. 2018年:イースタンリーグにて優秀選手賞、新人賞、努力賞に選出。推定年棒800万円。
  2. 2019年:最優秀新人(新人王)4,500万円の条件で契約を更改。
  3. 2020年:オフ契約交渉で、1億円到達(高卒4年目での1億円到達は、田中将大、ダルビッシュ有に並ぶ史上最速タイ記録)1億円という条件で契約更改。

また、村上宗隆選手の代表経歴としては、2021年6月16日、東京オリンピックの野球日本代表に選出され、東京オリンピック野球金メダリストという経歴ももちます。

さらに、2021年9月19日、史上最年少100本塁打を達成し、プロ4年目、通算379試合目で、清原選手超えを成し遂げました。

過去に、最年少100号というのは、1989年6月4日に清原選手が記録した21歳9ヶ月。

村上宗隆選手は21歳7ヶ月で達成し、2018年9月16日にプロ初打席での本塁打からハイペースでここまで来たということになりますね!

年棒は?

というわけで、前述しましたが、改めて年棒ですが、

2021年は1億円だそうです。

今後の活躍が楽しみでなりませんね!

村上宗隆さん通算100号ホームランおめでとうございます!

村上宗隆選手と池江璃花子さんの関係や彼女がいるのかいないのか、また経歴や年俸をまとめました。

何より、史上最年少の通算100本塁打!おめでとうございます!

これからも陰ながら応援しています!

感動をありがとうございました!

スポンサーリンク

ABOUTこの記事をかいた人

ひろりんこが運営する「Dramatic journey」は、ニュースやドラマのこと、旅やグルメなどについての記事を書いています。シンプルかつ、誰にでもわかるような記事作成と、多くの方の「知りたいな!」に応えられるように、いつも心がけています。興味のあるものから是非目を通してみてください。