スポンサーリンク




地域

青木島遊園地の苦情クレーマーは誰?子供がうるさいだけではない理由もある?

青木島遊園地の苦情クレーマーは誰?子供がうるさいだけではない理由もある?

長野県長野市青木島町にある「青木島遊園地」が来年3月31日をもって廃止になると報じましたね。

2004年4月に開設された公園なのですが、直後に一部の近隣住民から「うるさい」などと苦情が寄せられるようになり、2022年1月に地元区長会が「廃止もやむを得ない」と市に伝えたそうです。

ネット上では「悲しい」「残念だ」といった反響が続出。

近隣住民である「うるさい」と苦情を寄せた方は誰なのでしょうか?

また、講演廃止の理由ですが「子供がうるさい」だけではない世間の声もありましたのでこちらに残しますね。

スポンサーリンク

青木島遊園地の苦情クレーマーは誰?

長野県の青木島遊園地の苦情クレーマーは、名前は公開されていません。

世間の声によりますと、信大名誉教授だと言われているようです。

ひろゆきさんの予想によると、訳のわからない正論ばかり言う老人ですよねと仰っています。

青木島遊園地の苦情クレーマーについてまとめますと。

  1. 2003年から約20年間苦情を続けている
  2. 送迎に来た駐車中の保護者の車のエンジンが止まっていなかった
  3. 通知、張り紙、保護者への声がけをしているというが、徹底ができていないので、児童センターの保護者の駐車スペースと、職員の駐車スペースを取り替えてほしい。
  4. 夕方のみではなく朝の時間帯、さらに1日といわずに1週間やってみてほしい

20年間、子供がのびのびと遊ぶ青木島遊園地の苦情クレーマーが続いたって。

信じられませんが、苦情クレーマーの方がよっぽどひどい子供嫌いなのか、

それともこの青木島遊園地に訪れる子供や親の行動がよっぽどひどかったのか。

実際の様子を見ていないので情報を集めるしかありませんね。

スポンサーリンク

青木島遊園地の苦情クレーマー|長野市議の小泉真一氏が情報開示

青木島遊園地の苦情クレーマーについて、長野県市議の小泉真一氏が情報開示しています。

青木島遊園地廃止|「子供がうるさい」意外の原因もあった?

青木島遊園地の廃止の理由ですが、ニュースサイトでは「子供がうるさい」とした情報が見つからないのですが、

こういった理由も世間の声から見つけました。

  • 近隣に説明なく児童センター、遊園地を建設
  • 送迎にくる親の車が日に100台
  • 児童50人が拡声器での号令のもと遊ぶ
  • 近隣たくの植栽踏み荒らし多発
  • 近隣宅へのボールの飛び込み多発

これが真実なのかどうかは不明ですが、世間の声としてここに掲載します。

スポンサーリンク

まとめ

青木島遊園地の苦情クレーマーについては、人物を特定することができませんでした。

信大名誉教授なのでは?という声もありますが信憑性は薄いです。

またニュースサイトでは「子供がうるさい」としか情報が見当たらなかったのですが、公園廃止にはもっと違う理由があったのかもしれないなど想像してしまいました。

とにかくお互いが納得ゆく方法で解決していただきたいものですね。

スポンサーリンク