京都亀岡大河ドラマ館は2月14日で閉館
多くの皆さまのご来館・ご支援、ありがとうございました。

2021.02.14

 麒麟がくる 京都亀岡大河ドラマ館は、令和3年2月14日で閉館いたしました。

 令和2年1月11日のオープン後、新型コロナウイルス感染症による猛威で大きな影響を受け、44日間の臨時休館、ドラマの撮影休止による放送中断、放送期間が越年になったことによる開館期間の延長などさまざまなことがありました。

 そのような中で、多くの皆さまにご来館、ご支援いただき、無事閉館を迎えることができました。
ご来館・ご支援していただいた方を始め、ドラマ館に関わっていただいた全ての方々に心より御礼申し上げます。

 京都亀岡大河ドラマ館は閉館しますが、亀岡市は今後も、大河ドラマ「麒麟がくる」主人公の明智光秀ゆかりの地として、その魅力を発信してまいります。
引き続き、ご支援・ご協力いただきますよう、どうぞよろしくお願いいたします。

 

お知らせ一覧

亀岡市の情報はこちら

2020年1月11日(土)~2021年2月14日(日)

サンガスタジアム by KYOCERA(京都スタジアム)内
特設会場(JR亀岡駅北口すぐ)


2021年2月16日以降は、
電話075-221-7401/FAX075-223-5192
(株)近畿日本ツ―リスト関西 京都支店
大河ドラマ館担当デスクにお問い合わせください。

closed

サイトポリシー

本サイトは、「麒麟がくる 京都亀岡大河ドラマ館」公式サイト(以下「本サイト」とします)です。本サイトの閲覧・利用された場合は、以下の内容についてに同意の上、ご利用して頂くものとします。


著作権

本サイトの文章、画像、動画等の著作物の内容を無断で転載することを禁止いたします。


アクセスデータ

本サイトでは、Googleによるアクセス解析ツール「Google Analytics」を利用しています。このGoogle Analyticsはトラフィックデータの収集のためにCookieを使用しています。このトラフィックデータは匿名で収集されており、個人を特定するものではありません。この機能はCookieを無効にすることで収集を拒否することが出来ますので、お使いのブラウザの設定をご確認ください。この規約に関してはこちらをご覧ください。