のん(能年玲奈)の民放地上波の出演の内容とは?

のん(能年玲奈)が民放地上波に出演へ!番組の内容や消えた理由とは?

スポンサーリンク

かつて朝ドラや映画などで活躍したものの、いろいろあってテレビで姿が見られなくなっていた、のん(能年玲奈)さん。

これまでにも心配する向きがあったものの、なんと、のんさんが久しぶりに民放地上波に出演することに決まったようです。

そこで、のん(能年玲奈)の民放地上波の出演内容は?消えた理由とは?のんさん本人のコメントなどを調査してみました。

のんが民放地上波に出演へ!

のんさんといえば、2013年に放送されたNHK連続テレビ小説『あまちゃん』で一躍ブレイク。

それ以降、時の人となり、テレビで顔を見ない日はなくなったものでした。

ところがその後、2015年に、当時の所属事務所とのトラブルが勃発。

一転して、ドラマをはじめ、テレビには出演できないという前代未聞の状態になってしまったのです。

ファンはもちろん、それ以外の人々からも心配する声は絶えませんでしたが、あれから6年という歳月を経て、やっと、のんさんが民放地上波に出演することとなりました。

かなりのサプライズではないでしょうか。

それは、読売テレビの『越境放送バリ』というテレビ番組。

はたして、この『越境放送バリ』という番組は、どのようなものだったというのか、次でくわしく見てまいりましょう。

のん(能年玲奈)が出演する番組の内容

のんさんが久方ぶりに出演をはたすことになる、民放地上波の番組である、『越境放送バリ』。

こちらは、かなり凝った番組となっていました。

『越境放送』という、YouTube、テレビ番組、屋外ビジョンで多角的に展開されるプロジェクトの一環だったのですね。

それゆえに、主宰する企業も、東急エージェンシー、読売テレビ、ジャパンコンテンツエンターテインメントと、多岐に渡っていたのでした。

出演者は、宮川大輔さん、池田美優さん、吉村崇さん、そしてのんさん。

『越境放送』に合わせ、『越境放送バリ』の出演者のYouTubeチャンネルが作られたほか、10月から『越境放送バリ』も放送される見通し。

おまけに、屋外ビジョンにおいて、独自の動画も流れることになっているといいます。

スポンサーリンク

のん(能年玲奈)の番組出演への本人のコメント

続いては、民放地上波の番組にとうとう出演することになった、のんさんからのコメントもチェックしておきましょう。

のんさんは、これまで、女優をはじめ、歌手、アーティストなど、多彩に活動してきたことに言及。

そのうえで、『越境放送』においては、演技、音楽、アートといったクリエイティブな部分ではなく、「素の自分を発信していく」とコメントしていました。

どのような彼女の姿が見られるというのでしょうか。

どうやら『越境放送』は、ファンならずとも大変期待することができそうな感じですね。

のん(能年玲奈)はなぜ消えた?

芸能人と事務所の関係が健全なものになるよう、本誌は今後も取材、検証を続けていく。引用:文春オンライン

のんさんは、1993713日、兵庫県出身。

2021927日現在の年齢は28歳です。

2006年、ニコラモデルオーディションでグランプリになって、「能年玲奈」名義で芸能界入り。

そして2010年、映画『告白』に出演したことで女優デビューしました。

そんなのんさんは、NHK連続テレビ小説『あまちゃん』で主演し、大ブレイク。

同作における「じぇじぇじぇ」というセリフで新語・流行語大賞も受賞します。

ところが、2015年、所属事務所とのトラブルが発生して、芸能活動は休止となり、その後、「のん」名義に改名して再出発するも、テレビに出演できないという状態になってしまったのでした。

まとめ

若手トップレベルの女優だったにもかかわらず、トラブル、改名、テレビに出られないという、波乱万丈な状態が続いてきた、のんさん。

しかし、久々の民放地上波出演ということで、また、かつてのいきおいが戻ってくればいいですね。

2022年も、そんなのんさんの各方面における活躍に注目していきましょう。

スポンサーリンク

ABOUTこの記事をかいた人

ひろりんこが運営する「Dramatic journey」は、ニュースやドラマのこと、旅やグルメなどについての記事を書いています。シンプルかつ、誰にでもわかるような記事作成と、多くの方の「知りたいな!」に応えられるように、いつも心がけています。興味のあるものから是非目を通してみてください。