冨高聡ちゃん4歳男児の両親の名前は?何をしていた>札幌市白石区のマンション特定?

スポンサーリンク

2021年9月23日の夜に、札幌市白石区のマンション9階から4歳の男の子が転落し、搬送先の病院でお亡くなりになるという信じられないことが起きてしまいました。

お亡くなりになった4歳の男の子の名前は冨高聡(とみたか・そう)ちゃんです。

冨高聡(とみたか・そう)ちゃんの両親は事故当時何をしていたのでしょうか?

冨高聡(とみたか・そう)ちゃんが転落した札幌市白石区のマンションはどこかも調べてゆきたいと思います。

冨高聡ちゃんの両親の名前は?

道警によると、長男が子ども部屋にいないことに父親が気づき、約25メートル下のアスファルトの上に倒れているのを発見した。床から約70センチ上にある子ども部屋の窓枠から転落したと見られる。当時、両親は在宅しており、男児の転落に気づかなかったと話しているという。引用:Yahoo!ニュース

4歳の冨高聡ちゃんの両親の名前は現在(2021年9月24日14:00現在)公開されていません。

ニュースサイトによりますと、ご両親、つまり、父親も母親も在宅していたようですね。

転落事故が起きたのは9月23日の祝日でしたから、父親が一般会社員だとして、通常は在宅していると思われます。

母親も在宅していたということですね。

4歳男児の特性とは?

4歳児の発達の特徴として、知能と言語が著しく発達して、語彙も増えて会話はどんどんできるようになり、コミュニケーションもかなり取れるようになりますね。

全身のバランスととる能力が発達してきて、体の動きも巧みになり、遊具や用具の使い方にも慣れて、簡単なルールのある遊びを楽しむことができるようになります。

とはいえ、まだまだ自分の感情がうまくコントロールできない年頃であったり、好奇心が旺盛のために、試してみたいことも多くあり多感です。

ひろりんこ
私にも娘がいますが、4歳児の時は公園に行っても目が離せない状況でした。

危険察知能力も高くなってくるものの、まだまだ未熟な年頃ですね。

そんな4歳児が9階の窓から転落したと?

もう少し詳しい情報が欲しいですね。

転落した窓の様子は?

子ども部屋は、床から70センチほどの高さに転落防止柵がつけられていました。近くに踏み台のようなものはありませんでしたが、4歳の男の子ならよじ登れば乗り越えられそうな高さだということです。引用:Yahoo!ニュース

4歳の冨高聡ちゃんの身体能力はどうだったかわかりませんが、完全に見張っているというのは無理なので、好奇心旺盛な4歳が窓から出ないような徹底した対策は必要だったのではないかと思われます。

厳重すぎる対策が大切だったのではないでしょうか?

両親は何をしていたの?

4歳の冨高聡ちゃんのご両親が何をしていたかはニュースサイトで公開はありませんでした。

しかし、冨高聡ちゃんの転落には気づかなかったということは、冨高聡ちゃんのそばにはいなかったのかもしれませんね。

スポンサーリンク

冨高聡ちゃんが転落した札幌市白石区のマンションは「ブランズ南郷?」

冨高聡ちゃんが転落した札幌市白石区のマンションの重女は、札幌市白石区南郷通19丁目北のマンションだそうです。

上記のNHK北海道のニュースの写真と、下記の札幌マンションの画像が同じだと思うのですが、「ブランズ南郷」というマンションなのでしょうか?

 

冨高聡ちゃんが転落したマンションの外観はTwitterの投稿にありました。

今後ご両親から話を聞くなどして、転落の原因などがより明らかになりそうですね。

情報が入り次第追記しますね。

まとめ

札幌市白石区のマンション9階から4歳の男の子が転落し、搬送先の病院でお亡くなりになるという信じられない事態。

本当に悲しいことで、お亡くなりになった4歳の男の子のご冥福を心よりお祈りいたします。

続報に注目し追記したいと思います。

スポンサーリンク

ABOUTこの記事をかいた人

ひろりんこが運営する「Dramatic journey」は、ニュースやドラマのこと、旅やグルメなどについての記事を書いています。シンプルかつ、誰にでもわかるような記事作成と、多くの方の「知りたいな!」に応えられるように、いつも心がけています。興味のあるものから是非目を通してみてください。