スポンサーリンク




芸能エンタメ

高橋海人の漫画家デビューはいつ!?単行本発売はある?

高橋海人の漫画家デビューはいつ!?単行本発売はある?

ジャニーズ事務所の期待の星、King&Princeとして2018年にデビューした高橋海人さんですが、なんとジャニーズ事務所初の少女漫画家デビューをした人物としても有名です。

端正な顔立ちと、子供の頃にはダンスコンテストでグランプリを取ったこともある、まさにスーパースターの代名詞でもある高橋海人さん。

高橋海人さんのイラストはとても柔らかな雰囲気で、男性が書いているとは思えないようなタッチをしています。

今回はそんな高橋海人さんの漫画家デビューはいつだったのか?

そしてコミック本など単行本の発売はしているのか?

これらについて調べてみました!

スポンサーリンク

高橋海人の漫画家デビューはいつ?


高橋海人さんが漫画家としてデビューしたのは、King&Princeとしてデビューした年でもある2018年

小学館から発売されている『ベツコミ』で2018年5月号から『アイドル、ときどき少女まんが家』を連載していました。

ちなみに漫画家デビューのきっかけは2015年のジャニーズJr時代に高橋海人さん本人が、趣味で描いていたイラストを出版社に持ち込んだことだそうです。

アイドルとしてのデビューを果たした同年に漫画家としてもデビューをしてしまうなんて、それ自体が漫画のような展開ですよね。

シロコ
シロコ
ふわふわっとした雰囲気の強い高橋海人さんの、意外な行動力にも驚きました。

しかしこの連載自体は漫画家を目指す企画で行われたものであり、言わばプロデビューに向けた1年間の修行という形だったようです。

高橋海人さんは女の子のキャラクター設定に挑戦するなど、並々ならぬ努力を重ねましたが、やはり想像力をフルに使い1人の人物を描くのには相当疲れたみたいです。

天下のジャニーズ事務所に所属するアイドルとしても超多忙だったと思いますし、実際は疲れるどころの騒ぎではなかったのではないでしょうか。

漫画作品①僕のスーパーラブストーリー!!〜王子と男子は紙一重!?~

とはいえその修行の集大成として『ベツコミ』2019年5月号で14ページもの描き下ろし漫画『僕のスーパーラブストーリー!!〜王子と男子は紙一重!?~』を掲載し大きな話題を呼びました。

恋愛にまつわるすべてを少女漫画で勉強したこの物語の主人公は、なんとメンバーである平野紫耀さんをモデルにしているのだそう。

また、岸優太さんをモデルにした主人公のお友達も登場しており、高橋海人さんがいかにメンバーや自分の日常の中にアンテナを張っていたかがうかがえますね。

高橋海人さんはこの作品により、見事ジャニーズ初、異例の漫画家デビューを果たしたのでした。

漫画作品②ジャニーズと僕

また、2019年8月号からは『ジャニーズと僕』の連載もスタート!

こちらではKing&Princeのメンバー、平野紫耀さん、高橋海人さん、永瀬廉さん、岸優太さん、神宮司勇太さん、そして今では元メンバーとなる岩橋玄樹さんたちの日常の姿が描かれており、その後はなんと2022年5月号までの長期連載となりました。

ファンとしては憧れのアイドルたちの姿を漫画を通して見れるのは嬉しい限りですよね。

それに高橋海人さんだからこそ描けるというオリジナリティも感じます。

ではこの『ジャニーズと僕』の単行本はでているのでしょうか?

電子書籍化の有無も合わせてみてみましょう!

スポンサーリンク

高橋海人の漫画作品で単行本は発売してる?


ベツコミにて長期連載となった『ジャニーズと僕』の人気は非常に高く、単行本の発売を希望する声はいまだ多くあるようです。

しかし単行本化はされておらず、残念ながら未発売

現時点ではその予定もありませんでした。

ベツコミ自体は電子書籍化されているものの、高橋海人さんが手掛けた『ジャニーズと僕』は未掲載となっているようです。

したがって高橋海人さんの作品を読むには、ヤフオク、メルカリといった中古本販売をしているところなどでベツコミを購入する方法しか今はないようですね。

単行本の発売が非常に待ち遠しいです!

スポンサーリンク

まとめ

今回は高橋海人さんが漫画家デビューした時期や単行本発売の有無について調べてきました。

ジャニーズからはNEWSの加藤シゲアキさんが小説家としてデビューしましたが、まさか少女漫画家まで登場するとは誰も想像していなかったでしょうね。

また、高橋海人さんの外見からも少女漫画を描くようなタイプには見えませんし、本当に意外でした。

ちなみに高橋海人さんが少女漫画に興味を持ったのは、二つ年上のお姉さんがきっかけだそうです。

高橋海人さんは幼少期からお姉さんの真似をするのが好きだったようで、よく一緒にイラストを描いたり少女漫画を描いていたというエピソードがありました。

これは家族関係がとても良く、家族それぞれと仲の良い高橋海人さんならではのルーツかもしれませんね。

なんにせよ、単行本の発売が一刻も早く実現したら良いのになと切に願う次第です。

スポンサーリンク