元AKB48高橋みなみの現在の仕事のスタンスや過去のAKB48時代とは?

元AKB48高橋みなみの現在の仕事のスタンスや過去のAKB48時代とは?

スポンサーリンク

現役時代にはグループ全体の総監督としてリーダーシップを発揮した、元AKB48の高橋みなみさん。

このたび、現在の仕事のスタンスや過去のAKB48時代について語っていたのですが、どういった内容だったのでしょうか。

調べてみましたので、ご覧ください。

高橋みなみの現在の仕事のスタンスとは?

AKB48の高橋みなみさんは、実は、完璧主義だったとのこと。

しかしながら、これが、メンバーの言葉によって完璧主義が解けたというのです。

完璧主義すぎて、どうにかなりそうだったという、高橋みなみさん。

が、そんなとき、前田敦子さん、峯岸みなみさんなどが、自分たちに頼ってほしいと言ってくれたというのでした。

高橋みなみさんは、中学時代には人間不信になったこともあったそうですが、このとき、メンバーのことを仲間として頼ることができたとか。

高橋みなみさんの人間性は、本人の努力だけではなく、仲間の助力にもよるものだったのですね!

高橋みなみの過去!AKB48時代とは?

AKB48の高橋みなみさんといえば、AKB48の結成時のメンバーで、AKB48の全盛期において、一世を風靡した人気メンバーでもありました。

そんな高橋みなみさんがAKB48から離れて、はや5年。

今になって語れることも多いでしょうが、AKB48時代について言及しています。

では、高橋みなみさんにとって、AKB48時代とは、どのようなものだったのでしょうか。

責任感が強いことで知られていた高橋みなみさんにとって、現役時代は、アイドル活動というものは戦いに行くようなものだったということでした。

3年くらいまともに休業したことがなかったといいますから、さすがですよね。

おまけに、当日しかリハーサルもできない日まであったとか。

こうしたこともあって、気持ちがコントロールできなくなったこともあったそうです。

ただのアイドルではなく、みんなをまとめてきた立場も考えれば、あらためて高橋みなみさんのすごさが垣間見られたということなのでした。

スポンサーリンク

高橋みなみの総監督として意識していたこととは?

AKB48の高橋みなみさんは、総監督として意識していたことも立派なものだったようです。

まず、メンバーのメンタルを考慮して、メモをする、無理そうなメンバーから適当なメンバーに仕事の役割を変えるといった機転を利かせていました。

メンバーによって、かける言葉を変えるという試みもしています。

たとえば、相手次第で、声をかける回数や言い方まで変えていたのでした。

また、メンバーと連絡するさいは、メールではなく電話していたとのこと。

言葉を伝えるうえでは、電話の方がメールよりも有効で、相手の想いにも気付けたと思っていたからだそうです。

総監督という肩書きにあっただけではなく、高橋みなみさんが本当に現場のことを想っていたことが如実に分かるエピソードでした。

高橋みなみのプロフィール

高橋みなみさんは、199148日、東京都出身。

2021924日現在の年齢は30歳です。

2005年、AKB48 オープニングメンバーオーディションに合格したことによって、AKB48のメンバーに。

2008年には、小嶋陽菜さん、峯岸みなみさんとノースリーブスを結成しました。

やがて高橋みなみさんは、選抜総選挙で最高4位という人気メンバーに成長。

一方で、リーダーシップが認められ、2012年から2015年まで、AKB48の総監督として活躍します。

そして2016年、AKB48を卒業したのでした。

高橋みなみのTwitter

高橋みなみのInstagram

高橋みなみの公式サイト

高橋みなみまとめ

AKB48の高橋みなみさんは、アイドルとしての自分自身の活動に加え、メンバー全体のまとめ役としても、大活躍していたのですね。

頼りになるキャラクターは有名であるものの、ここまでプロ意識が強かったとは、驚嘆してしまいました。

高橋みなみさんには、実力を活用して、今後もますます存在感を発揮してもらいたいですね。

スポンサーリンク

ABOUTこの記事をかいた人

ひろりんこが運営する「Dramatic journey」は、ニュースやドラマのこと、旅やグルメなどについての記事を書いています。シンプルかつ、誰にでもわかるような記事作成と、多くの方の「知りたいな!」に応えられるように、いつも心がけています。興味のあるものから是非目を通してみてください。