寺田心の変化が心境に?本人の口から語られたその内容とは?

寺田心の変化が心境に?本人の口から語られたその内容とは?

寺田心さんといえば、日本でもトップレベルの知名度と実績のある子役の1人でしょう。

子役には、生き残るのが厳しいイメージもある一方、順調そのものである寺田心さん。

さて、実は、寺田心さんには、心境にいくつかの変化があったとか。

寺田心さん本人が語った内容とは、どういうものだったのか、見てまいりましょう。

スポンサーリンク

寺田心の変化が心境にあらわれている?

これまで、子役として有名なドラマなどに多数、出演してきた実績のある、寺田心さん。

しかし、ただ単に経験を重ねてきただけではなく、その心境にも変化があったとか。

その変化とは、寺田心さんいわく、まずは、演技における視点が変わったと思ったそうです。

その具体的な内容はとても個性的で、みずからの演じる役について、

着ぐるみを着るようなイメージで臨むことによって、そのキャラクターになりきることができるとのことでした。

ひろりんこ
さすが天才子役といいますか、一般人には想像もつかないような発想ですよね。

どうすれば、あれだけの演技ができるというのか、その秘密の一端が垣間見えたような気がしました。

寺田心の変化!反抗期に突入?

一方で、こういった殊勝なことだけではなく、寺田心さんには、思春期特有の心境の変化もあったそう。

それは、誰でも体験することではあるものの、反抗期なのでした。

寺田心さんは、中学校に進学してからというものの、お母さんと意見が合わなくなることが出てきたのだといいます。

寺田心さんの表現では、「ギシギシしてしまう」といいますが、これはちょっと、親子関係がどのような感じになっているのか、心配してしまいますよね?

もっとも、寺田心さんは、みずからがアンバサダーになった、防錆潤滑剤のKURE 5-56とかけて、「心にシューッとしている」とのこと。

要は、お母さんとはそこまで対立してはいなかったとみていいでしょう。

もっとも、演者独特といった感じの表現で、興味深いですね。

スポンサーリンク

寺田心の変化!部活で感じたこと

さて、寺田心さんは、現役の中学生でもありますが、それゆえの心境の変化もあったようでした。

中学校では部活でバスケットボール部に入っているという、寺田心さん。

中学校に入るまで、練習したことがなかったといいますから、体育会系の活動は初めてだったのでしょう。

寺田心さんは、そのバスケットボール部について、新鮮な印象を持ったとのこと。

すごく楽しいといいますから、学校生活も、芸能活動同様、とても充実しているようです。

子役だけに、リアルな子供としての活動がうかがえるのは、私たち視聴者としても、とても貴重なことです。

こういったエピソードにこれからも接することができればいいですね。

寺田心のプロフィール

寺田心さんは、2008610日、愛知県出身。

202199日現在の年齢は13歳です。

2011年に、たったの3歳という幼さにして、子役デビュー。

ブレイクすることになったキッカケは、2015年に放送された、TOTOのネオレストのCMでした。

以後、寺田心さんは、ドラマでは、NHK大河ドラマ『おんな城主 直虎』など。

映画では、『妖怪大戦争 ガーディアンズ』などに出演。

2018年には、ミラノ国際映画祭2018 外国映画部門・最優秀主演男優賞を受賞しました。

まとめ

着実に子役から俳優へのステップを駆け上がってきた、寺田心さん。

しかし、超有名子役なりに、プライベートにおいては、いろいろ思うところがあったのですね。

当たり前かもしれないものの、興味は尽きません。

これからも、成長していけば、なにかとあることでしょうが、ますますの演技の上達が楽しみでなりません。

スポンサーリンク

ABOUTこの記事をかいた人

ひろりんこが運営する「Dramatic journey」は、ニュースやドラマのこと、旅やグルメなどについての記事を書いています。シンプルかつ、誰にでもわかるような記事作成と、多くの方の「知りたいな!」に応えられるように、いつも心がけています。興味のあるものから是非目を通してみてください。