スポンサーリンク




芸能エンタメ

渡辺徹の人工透析はいつから?病歴と現在画像|若い頃は健康でスリム

渡辺徹の人工透析はいつから?病歴と現在画像|若い頃はスリムだった?

渡辺徹さんがピーク時から57kg減量ということで話題になっています。

渡辺徹さんの最盛期が130kg、役作りとはいえ、体に負担がかかりそうな体重ですよね。

そんな渡辺徹さんは、持病の糖尿病が原因で人工透析生活を送っています。

渡辺徹さんの人工透析はいつから開始になったのか?

また病歴や現在の画像と若い頃の画像をご紹介します。

スポンサーリンク

渡辺徹の人工透析はいつから?

渡辺徹さんの人工透析2016年から開始しています。

原因は渡辺徹さんの持病の糖尿病です。

渡辺徹さんは、週3回の人工透析生活を送っていて、東京都内の病院に通院されているようです。

日常的な飲料制限、塩分制限もありますし、透析しないことには尿が出ないので通院もやめるわけにはいきません。

週に3日の透析って本当に大変ですよね。

お仕事がある日には透析はできないので、スケジューリングも大変ではないかと想像します。

スポンサーリンク

渡辺徹の病歴

それでは渡辺徹さんの病をご紹介します。

  • 1991年(30歳のとき)糖尿病と診断
  • 2012年(51歳のとき)心筋梗塞と診断(心臓カテーテルで治療)
  • 2013年(52歳のとき)急性膵炎で緊急搬送(糖尿病が原因)
  • 2016年(55歳のとき)人工透析開始(糖尿病による腎機能低下)
  • 2021年(59歳のとき)大動脈弁狭窄症にて手術


30歳の時の糖尿病の原因は、暴飲暴食です。

  • 1.5ℓのコーラ6本をがぶ飲みする
  • カルピスを原液で飲む
  • 多い日には1日6食(6,000キロカロリー)を食べる。

その後、肥満、ダイエット、リバウンドを繰り返しているうちに、血管がボロボロになっていったのでしょうか?

渡辺徹さんの心臓にも負担がかかってゆきます。

さらに腎臓の機能も低下してしまったのですね。

シロコ
シロコ
渡辺徹さんが患った糖尿病って怖いですね。

1987年(26歳の時)に結婚した榊原郁恵さんは、渡辺徹さんのためにヘルシー食を作っていたんですよ。

それにも関わらず、地方のロケ現場では暴飲暴食が再発。

肥満がエスカレートした結果、糖尿病がすすみ、心筋梗塞、急性膵炎、人工透析開始、しまいには、心臓の大手術をするまでに至ってしまったようです。

スポンサーリンク

渡辺徹の現在の画像と最盛期130kgの画像


2022年10月、渡辺徹さんはピーク時から57kgの減量を発表しました。

さすがに以前のふっくらした面影はなく、スリムというか若干やつれているようにも見えます。

渡辺徹さんは、妻の榊原郁恵さんのおかげですと感謝の気持ちを述べられています。

渡辺徹の若い頃

渡辺徹さん、1981年(20歳の頃)はとてもスリムでした。

渡辺徹さんは1981年(20歳の頃)に『太陽にほえろ!』で通称名・ラガー(竹本淳二)刑事役でデビューしています。(1985年まで出演していました。)

実は渡辺徹さんは子供の頃から太っていたようです。

ですが、この通りのイケメンで、芸能界デビューし、太陽にほえろ!の出演が決まってkらダイエットして、元々あった83kgからダイエットで69kgまでスリムになりました。

渡辺徹さんが痩せていたのは、実はこの時だけなんです。

「太陽にほえろ!」が終わる1984年ごろには、体重が100キロを超えてしまったのです!

スポンサーリンク

渡辺徹の人工透析から病歴まとめ

渡辺徹さん、一番若い頃のようにとは言いませんが、健康な状態を維持して欲しいですね。

渡辺徹さんが57kg減量したということで、今までの病歴や人工透析歴などもまとめました。

奥様の榊原郁恵さんが、見捨てずにそばで見守ってくれていることを忘れないでいただきたいですね。

病気を重ねてかなりの苦労と心的ストレスがあっても、暴飲暴食をやめられないことに関しても気になりますが、芸能界にいて相当ストレスを感じていたのでしょうかね?

ただ、大切な家族やファンもいつも見守っているので、今度こそお体を労っていただきたいと個人的に思いました。

今は、回復に向かいお仕事も頑張っているようですね!

渡辺徹さん、これからもどうか健康でご活躍されてくださいね!

奥様の榊原郁恵さんにも尊敬しかありませんね!

スポンサーリンク