米倉涼子の主演のおすすめドラマ3選とは?サスペンスから医者役まで多彩!

米倉涼子の主演のおすすめドラマ3選とは?サスペンスから医者役まで多彩!

スポンサーリンク

もはや、日本のドラマ界においては必要不可欠な存在となった、米倉涼子さん。

近年では、出演するドラマは軒並み主演ですから、すばらしいですよね。

そこで、この記事では、米倉涼子さんが主演してきたドラマのなかから、特におすすめしたい3本をチョイス。

ぜひ、最後までご覧ください。

米倉涼子の主演ドラマ①『黒革の手帖』

米倉涼子さんの主演ドラマのなかで古い順からおすすめ作品をピックアップするなら、まずは、2004年にテレビ朝日系で放送された、ドラマ『黒革の手帖』でしょう。

松本清張原作のサスペンス。

主人公の原口元子役は米倉涼子さん。

山田波子役は釈由美子さん。

紺野澄江役は吉岡美穂さん。

安島富夫役は仲村トオルさん。

櫻井曜子役は紫吹淳さんが演じました。

原口元子は勤めていた銀行から大金を横領。

黒革の手帖なるリストのおかげでうやむやに出来た原口元子は、横領した金を使って、銀座にクラブを開店し、ママとしてのし上がっていくというストーリーです。

何度もシリーズ化され、最近では武井咲さんが主演し注目されました。

米倉涼子の主演ドラマ②『35歳の高校生』

続いての米倉涼子さん主演のおすすめドラマは、『35歳の高校生』。

2013年に日本テレビ系で放送されています。

主人公の馬場亜矢子役は米倉涼子さん。

小泉純一役は溝端淳平さん。

長峰あかり役は片瀬那奈さん。

蜷川真樹夫役は升毅さん。

北島龍一郎役は相葉裕樹さんが演じました。

国木田高校という高校に、馬場亜矢子という転校生がやって来ますが、なんと彼女は、35歳。

馬場亜矢子は、かつて高校を中退していたため、あらためて高校に入り直したものの、彼女の行く手には、いじめ問題をはじめ、さまざまな問題が立ちはだかっていたというストーリーです。

米倉涼子さんがまさかの高校生役ということで話題になりました。

スポンサーリンク

米倉涼子の主演ドラマ③『ドクターX~外科医・大門未知子~』

最後の米倉涼子さん主演のおすすめドラマは、やはりこれ。

女優キャリアの最高峰である、ドラマ『ドクターX~外科医・大門未知子~』ですよね。

2012年からテレビ朝日系でシリーズとして放送されています。

主人公の大門未知子役は米倉涼子さん。

城之内博美役は内田有紀さん。

神原晶役は岸部一徳さん。

蛭間重勝役は西田敏行さん。

加地秀樹役は勝村政信さんが演じました。

型破りで忖度しないフリーランスの女医・大門未知子が主人公。

彼女の周辺の病院の個性的な登場人物たちも花を添えつつ、医療現場が描かれていきます。

どんな困難な患者でも助ける大門未知子によって、医療ドラマというジャンル自体を変えた問題作となりました。

米倉涼子のプロフィール

米倉涼子さんは、197581日、神奈川県出身。

20211014日現在の年齢は46歳です。

1992年、全日本国民的美少女コンテスト審査員特別賞を受賞して、モデルとして芸能界入り。

2000年、ドラマ『恋の神様』で女優デビュー。

2001年、映画『ダンボールハウスガール』で映画デビューしました。

以後、映画では『交渉人 THE MOVIE タイムリミット高度10,000mの頭脳戦』など。

ドラマでは『女系家族』などに出演。

すっかり、トレンディードラマの女王となったのです。

まとめ

軽く振り返っただけでも、これだけおすすめドラマがあった、米倉涼子さん。

女優にとって代表作は不可欠でしょうが、逆にここまで代表作だらけというのも、通常なら考えられないですよね。

ドラマ『ドクターX~外科医・大門未知子~』はもちろん、あらたな作品も楽しみにしましょう。

スポンサーリンク

ABOUTこの記事をかいた人

ひろりんこが運営する「Dramatic journey」は、ニュースやドラマのこと、旅やグルメなどについての記事を書いています。シンプルかつ、誰にでもわかるような記事作成と、多くの方の「知りたいな!」に応えられるように、いつも心がけています。興味のあるものから是非目を通してみてください。