吉田栄作と内山理名の結婚はいつ?母の喪が明けた後?父親が再婚はいつなのか語る!

吉田栄作と内山理名の結婚はいつ?母の喪が明けた後?父親が再婚はいつなのか語る!

吉田栄作さんと内山理名さんの結婚が秒読み?と話題です。

お二人とも容姿のみならず、お人柄も素敵で努力家で、見習いたいところがたくさんあります。

ひろりんこ
毎日お二人の報道が公開されますと、
幸せな気持ちをお裾分けいただき嬉しくなります。

さて、結婚という形式にとらわれることはなくても、お二人が愛を育んでおられるのは十分に理解できるのですが、やはり結婚はいつなのか気になりますね!

そんな中、吉田栄作さんの父親が語る、吉田栄作さんと内山理名さんの絆の深さをまとめさせていただきますね。

スポンサーリンク

吉田栄作と内山理名の結婚はいつ?母の喪が明けてから?

詳しい話は聞いてないけど、いい年齢のふたりだからいろいろあったんだろう。
ここ1年は妻がなくなるなど、バタバタしてたから、タイミングがなかったこともあると思うけどね。でも、結婚の話は前々から聞いていたから、1年間喪に服して来年には結婚すると思うよ。引用:Yahoo!ニュース

吉田栄作さんと内山理名さんの結婚がいつか?ということには、

吉田栄作さんの父親が「来年にはすると思うよ。」とお話しされています。

外野が急いでも仕方のない話ですが、

2022年に吉田栄作さんと内山理名さんが結婚する可能性が高いということですね。

吉田栄作の母はいつお亡くなりに?

「実は、今年の4月初の妻が亡くなってね。」
引用:Yahoo!ニュース

吉田栄作さんの母親は2021年の4月にお亡くなりになられたのですね。

この執筆中に初めて知りました。謹んでご冥福をお祈りいたします。

吉田栄作さんの母親は、3年前の2018年に吉田栄作さんと内山理名さんの話を聞いた際、まだ内山理名さんにはお会いしていないと話していたようです。

とはいえ、この3年あまりの中で、着々と将来に向けて準備を進めていたことは知っていたようですね。

吉田栄作さんのお母様はお洋服を扱うお店を経営しており、「お店は残して欲しい。」という願いから、吉田栄作さんのお父様が現在経営しているようですね。

父親が語る吉田栄作と内山理名は?

早く栄作の孫の顔を見たいから、まだ死ねないよ(笑)
引用:Yahoo!ニュース

「早く栄作の孫の顔を見たい。」

そう語る吉田栄作さんのお父様は現在80代。

少々耳がお遠いとはいえ、足取りはしっかりされているようです。

2021年8月のお盆時期に、吉田栄作さんは内山理名さんを、お父様がいる実家につれて来られたようです。

お盆に3人でお食事もしてお酒もいただいたとか。微笑ましいお話しですね。

しゃらちゃん
虹の橋を渡っておられるお母様も、きっと一緒にご参加されたのではないでしょうか?

前述しましたが、お二人のタイミングで、喪に服して来年に結婚するということなので、吉田栄作さんのお母様がお亡くなりになった2021年の4月から1年後、

吉田栄作さんと内山理名さんの結婚は、

2022年の春くらいになる可能性が高いかもしれませんね。

吉田栄作の所属事務所と内山理名の所属事務所は、結婚はいつと?

吉田栄作さんの所属事務所も、内山理名さんの所属事務所も、

「プライベートのことは本人に任せております。」ということで否定しなかったようです。

私も含めて、お二人がいつ結婚するか、つい気になってしまうのですが、このまま穏やかに急がずに愛を育みながら、然るべき時期に決断して欲しいものです。

スポンサーリンク

吉田栄作が内山理名と交際後も結婚をしなかった理由は?

吉田栄作さんが内山理名さんと交際後も結婚をしなかった理由は、

”恋人関係”に居心地の良さを感じて、次のステップに踏み切れなかったからなんだそう。

また、前妻の平子理沙さんとも、仕事や生活環境の変化の違いは原因で、離婚されているので、次の結婚には慎重になったのかもしれませんね。

よくあるお話しだと思います。

吉田栄作さんと内山理名さん、お二人の愛が確固たるものであれば、申し分ありませんね。

吉田栄作と内山理名のプロフィール

  1. 吉田栄作(よしだえいさく)
  2. 生年月日:1969年1月3日
  3. 出身:神奈川県
  4. 主な作品:もう誰も愛さない、愛さずにはいられない、クリスマス・イブなど。

  1. 内山理名(うちやまりな)
  2. 生年月日:1981年11月7日
  3. 出身地:神奈川県
  4. 主な作品:大奥〜花の乱〜、嫌われ松子の一生、生徒諸君!など。

スポンサーリンク

吉田栄作と内山理名の結婚はいつ?父親と母親についてまとめ!

吉田栄作さんと内山理名さんの結婚は、吉田栄作さんの父親のお話によりますと、

吉田栄作さんの母親の喪が明けた、2022年の春になるのではと仰っています。

2022年、来年の春は、さらに心温まる春になりそうですね。

お二人の活躍を心から応援し、また、いつも元気になる幸せな報道を公開してくださることを、心から感謝しております。

いつもありがとうございます。

スポンサーリンク

ABOUTこの記事をかいた人

ひろりんこが運営する「Dramatic journey」は、ニュースやドラマのこと、旅やグルメなどについての記事を書いています。シンプルかつ、誰にでもわかるような記事作成と、多くの方の「知りたいな!」に応えられるように、いつも心がけています。興味のあるものから是非目を通してみてください。