吉田羊の幼少期や若い頃とは?挫折の内容や乗り越えた経緯!地味な子供時代とは?

吉田羊の幼少期や若い頃とは?挫折の内容や乗り越えた経緯!地味な子供時代とは?

シリアスな作品からコミカルな作品まで出ずっぱりの、吉田羊さん。

そんな吉田羊さんにも、挫折したという過去があったようですね。

そう、吉田羊さんの幼少期や若い頃に何かあったということです。

吉田羊さんの若い頃の挫折の内容、乗り越えた経緯。

吉田羊さんの地味だった幼少期について調べてみました。

スポンサーリンク

吉田羊の若い頃!挫折を経験したその内容とは?

これまで順風満帆だった印象が強い、吉田羊さん。

2021年だけでも、『ペペロンチーノ』『がんばれ!TEAM NACS『生きるとか死ぬとか父親とか』『きれいのくに』と、4作のドラマに出演しています。

たいしたものですが、実は、このような吉田羊さんですら、若い頃に、女優として挫折したことがあったとのこと。

それはつい最近のことではなく、若い頃で、まだ30歳だったころでした。

吉田羊さんは、劇団を設立したものの、それから3年が経ったころ、吉田羊さんにショックが襲いかかったのです。

舞台において、初めておなじ世代の女優と共演することになったという、吉田羊さん。

その女優は、ルックスもよく、性格もよく、すばらしい人材だったものの、吉田羊さんは、こういう女優がいるなら、自分は不要なのではないかと悩み、挫折してしまったというのでした。

吉田羊さんにここまで考えさせた女優とは、どういう人だったのか、ぜひ、見てみたい気がします。

吉田羊が若い頃に挫折を乗り越えた経緯とは?

意外にも挫折していたという、吉田羊さん。

では、吉田羊さんがこの挫折を乗り越えることができたのは、どうしてだったのでしょう?

実は、吉田羊さんは、女優としての活動をやめてしまおうかと考えてしまったといいます。

ところが、その矢先に、みずからが所属しているところとは別の劇団から出演の依頼を受けたとのこと。

その時、吉田羊さんは、もしダメだったら引退しようと思って挑み、その結果、とても楽しむことができたというのです。

女優の仕事への愛も確認でき、現在につながったといいますから、吉田羊さんは、この依頼をくれた劇団にはとても感謝したことでしょうね。

スポンサーリンク

吉田羊の地味な幼少期とは?

挫折も経験していた吉田羊さんですが、これまた意外なことに、その幼少期は地味だったとのこと。

吉田羊さん曰く、学校内においても、クラスの中心的なグループからは外れていたのだといいます。

引っ込み思案な性格で、ものまねや何かの役をやることで自分を開放。

内弁慶でいじめられっ子だった過去があったことも意外です。

目立たず、クラスメイトからも、大人になったとき、顔を思い出してもらえないようなタイプだったといいますから、人も分からないものでしょう。

しかしその反動で演じることが快感になった吉田羊さんは、その後、成人してから、劇団を設立したことによって、女優としてのキャリアを重ねていくこととなったのでした。

当時の同級生たちは、どのような想いで吉田羊さんを見ているのでしょうね。

吉田羊のプロフィール

吉田羊さんは、23日、福岡県出身。

本名は「吉田羊右子」です。

年齢は非公表となっていますが、

1974年2月3日生まれで47歳(2021年9月現在)と年齢がバレています。

ちなみに年齢非公開の理由は、

「目で見た姿で起用してほしいという」と本人の熱い希望があるといいますね。

長く、舞台で活動していたため、意外にも、芸能事務所に所属したのは、比較的最近の2007年。

そして同年、ドラマ『愛の迷宮』に出演して顔が知られるようになりました。

以後は、映画では、『ハナレイ・ベイ』、『七つの会議』、『記憶にございません!』など。

ドラマでは、NHK大河ドラマ『真田丸』、NHK連続テレビ小説『純と愛』、『コウノドリ』などに出演しています。

まとめ

吉田羊さんは、挫折したことといい、子供時代は地味だったことといい、さまざまな経験をしていたのですね。

こうしたことはしかし、吉田羊さんのキャリア形成に、おおいに貢献したのではないでしょうか。

これから先も、たくさんの経験が吉田羊さんの演技に生かされ、私たちの感動につながっていけばいいですね。

スポンサーリンク

ABOUTこの記事をかいた人

ひろりんこが運営する「Dramatic journey」は、ニュースやドラマのこと、旅やグルメなどについての記事を書いています。シンプルかつ、誰にでもわかるような記事作成と、多くの方の「知りたいな!」に応えられるように、いつも心がけています。興味のあるものから是非目を通してみてください。