スポンサーリンク




芸能エンタメ

安部亮平には彼女がいた?文春で報道された内容とは?タッキーに関係が?

2020年にメジャーデビューを果たしたジャニーズの大人気グループ、

Snow Manのメンバーであり、アイドルとしてはもちろん、グループでバラエティの冠番組を持ったり、「インテリアイドル」の地位を確立し、

ジャニーズ初の気象予報士としてメディアで報じられるなど、様々なジャンルで活躍中の安部亮平さん。

そんな阿部さんのこれまでの彼女はいったいどんな人なのか。

これまでの交際歴や、文春に取り上げられた過去について紹介していきます。

スポンサーリンク

安部亮平に彼女はいるのか

ファンの目線からすると好きなアイドルの交際歴は気になりますよね。

しかし今現在、阿部さんに彼女はいないようです。

過去に噂された彼女

過去に一部の間で阿部さんとの噂が囁かれていたのは、女優・モデルの桜田ひよりさんと

いう方との関係です。

阿部さんと桜田さんは、Snow Manがグループで主演を務めた映画「おそ松さん」で

共演しています。

しかし、映画で共演したというだけで、噂が一人歩きしていただけのようです。

桜田さんが映画の取材の際に、「Snow Manは家族みたいな雰囲気」

「本当に素敵な方」と発言していたことが、一部のファンに誤解を生んでしまったのかもしれません。

歴代彼女を調査

阿部さんの歴代の彼女についても調べてみましたが、

具体的な情報は見つかりませんでした。

この他にも阿部さんと思われる男性が、女性と2人で写っているプリクラが流出しているようですが、ただの友人という声もあります。

こちらについても、はっきりと関係性についてはわかりませんでした。

友人として異性でもプリクラを撮ることはしばしばあることでしょうし、

プリクラに写った男性の顔は加工で見えなくなっているので、阿部さん本人かどうかも定かではありません。

また、阿部さんは、11歳の頃にはすでにジャニーズ事務所へ入所していますし、

大学在学中にも一時的に活動を休止して1日12時間ほどを勉強にあて、

気象予報士の資格を取るなど、ジャニーズきっての高学歴で有名です。

芸能活動と学業で多忙をきわめた生活の中、

恋愛に時間を割くことはできなかったのではないでしょうか。

スポンサーリンク

阿部亮平が文春に取り上げられた理由【タッキー】

結論から言うと、文春で話題になったのは阿部さんの熱愛説ではなく、

タッキーこと滝沢前副社長との出会いや下積み時代に関するエピソードでした。

実際に掲載されていたのは、滝沢前副社長がSnow Manの名付け親であったことや、

グループの下積み時代の長いメンバーとの関係性です。

 

 

現在Snow Manは、滝沢歌舞伎(現在は滝沢歌舞伎ZEROに改名)の座長を務めています。

ジャニーさんから「売れる見込みがない」といわれていたSnow Manのメンバー。

当時テレビ出演などの話はほとんどなく、舞台班として扱われていたんだとか。

そこで滝沢歌舞伎が開始された2006年からメンバー3人の出演が決定します。

厳密に言えば、その頃はまだSnow Manの前身グループ(Mis Snow Man)も

結成されておらず、メンバーは別のユニット等で活動していました。

2006年に出演しているのは安部亮平さん、深澤辰哉さん、渡辺翔太さんの3人で、

深澤さんは当時、現在のHey!Sey!JUMPに所属している伊野尾慧さんや、

A.B.C-Zの橋本良亮さんらとともに、「J,J.Express」というグループに

所属していました。

翌年にもメンバーの岩本照さん、佐久間大介さん、宮舘涼太さんの3人が出演しています。

記事には、そんな滝沢さんとの関係の深さが書かれていましたが、

安部亮平さんの熱愛に関することは全くといっていいほど記載がありませんでした。

アイドルが文春にスクープされるときは熱愛説のものが多いので、

根拠のない噂が1人歩きして検索上位に上がったのではないかと思います。

スポンサーリンク

まとめ

いかがだったでしょうか。

ファンの立場からすれば、自分の推しているアイドルに熱愛報道が出ると、いろんな感情がこみ上げてきて、複雑な気持ちになりますよね。

今回紹介した安部亮平さんの熱愛説は、根拠となる具体的な証拠がなかったので、安心した方も多いのではないでしょうか。

また、今回のように人気アイドルと共演しただけで熱愛説が浮上するとなると、今後共演される異性の方は、今まで以上にいろんな方面に気を配る必要がありそうですね。

学歴やテレビに出演している様子から、真面目で勤勉な印象を受ける安部亮平さん。

シロコ
シロコ
学業と芸能活動。幼い頃から二足の草鞋を履いていた阿部さんにとって、恋愛は優先できないものだったのではないでしょうか。

彼の今後の活躍も楽しみです。