スポンサーリンク




事件

【アカハラ?】服部健司教授(群馬大学医学部)のwiki経歴や学歴|授業内容や世間の声

【アカハラ?】服部健司教授(群馬大学医学部)のwiki経歴や学歴|授業内容や世間の声

群馬県前橋市の国立群馬大学医学部の服部健司教授が話題になっています。

同大学の現在3年生の約3分の1に当たる約40人の学生の留年が決定し、40人のうちの24人が1人の教員の授業で留年させられていたことが文春の報道でわかりました。

1人の教員とは服部健司教授です。

これに対して「アカハラ?」と声が上がっています。

2016年〜2021年度のかけて一度も「医の倫理学」の単位を認められず、重度のPTSD診断を受けて休学し、2022年8月、大学相手に400万円の損害賠償を求める裁判を起こしていた事が明らかになった、ということなのですが。

アカハラとは?

そんな服部健司教授の経歴が学歴、服部健司教授に対しての世間の声もまとめます。

スポンサーリンク

服部健司教授(群馬大学医学部)の経歴学歴

服部健司教授の経歴をまとめました。

  • 1975年3月:芝中学校卒業
  • 1978年3月:芝高等学校卒業(第73回生)
  • 1984年3月:旭川医科大学医学部医学科卒業
  • 1984年5月:医師国家試験合格
  • 1986年6月:旭川医科大学哲学教室研究生
  • 1987年4月:早稲田大学第一文学部哲学科哲学専攻3年生学士編入学
  • 1989年3月:早稲田大学第一文学部哲学科哲学専攻卒業
  • 1993年3月:早稲田大学大学院文学研究科修士課程哲学専攻修了
  • 1999年3月:早稲田大学大学院文学研究科博士後期程哲学専攻
  • 2002年4月:博士(医学)の学位授与(群馬大学大学院)
  • 2003年:同大学教授に就任
  • 2004年:同大学院医学哲学・倫理学分野の教授となっています。

 

  • 名前:服部健司
  • 生年月日:1959年生まれ
  • 父親:会社員
  • 母親:助産師
  • 出身:東京

群馬大学医学部の服部健司教授の研究室HPによりますと、同大学の研究室に来る前は、週の半分ほど健診機関に勤めて残りはぷらぷらしていたようです。

そのほかの経歴として、群馬大学にてベストティーチャー賞を受賞した経歴もあります。

服部健司教授は、医療倫理学、教養教育においてはハイデガー、ニーチェ、シェイクスピアや、性・家族・死の倫理学などを担当しています。

スポンサーリンク

服部健司教授の授業とは?(アカハラ?)

服部教授の授業はみんな『厳しい』と知っているから何よりもまじめに受ける。なのに24人もの学生が明確な理由もわからず留年させられているのです。
わずかなミスをみとがめられて留年させられてしまう。恐怖で学生たちは常に萎縮している。引用:文春オンライン

服部健司教授、文春オンラインによると、『俺に逆らう学生は落とすぞ』という高圧的な態度は常にあるようです。

服部健司教授が担当する授業は以下の二つです。

  1. 医の倫理学
  2. 医系の人間学

卒業生や現役の学生が服部健司教授の授業の成績基準がよくわからないと話しているようですね。

「服部教授の授業は、成績評価の基準がよく分からないんです。彼は今年から、3年生が対象の『医系の人間学』の授業で医療をテーマにした即興演劇を取り入れ始めました。毎回の授業後に考察などを書いて提出する『リアクションペーパー』と、学生自身の演劇のパフォーマンスだけで成績が決められ、試験も期末レポートもなしで、8人が単位を落としました。必修科目なので、その8人は事実上留年です。学生たちは『一生懸命演技していた人ほど単位を落とした』と嘆いていました」引用:文春オンライン

というのも、卒業生によると、服部健司教授は、3年生が対象に『医系の人間学』の授業で医療テーマにした即興演劇を取り入れているのです。

演劇のパフォーマンスだけで成績が決められてしまうそうで。

この即興演劇で成績が決められるという点が、アカハラではないかと問題になっているのです。

即興演劇とは?

スポンサーリンク

服部健司教授「アカハラだ」と悲鳴|世間の声

服部健司教授に対してさまざまな意見がありますね。

服部健司教授アカハラ問題まとめ

服部健司教授についてまとめました。

医学部で即興演劇というものが必要なのですね。

シロコ
シロコ
即興演劇って、患者の命を救うことに見合う実力を養うためにそんなに重要なものなのでしょうか?

他の医学部にいたら普通に進級できたのでは?という声もありますね。

事件を詳しく読み解くと、学生の甘えみたいな話ではないようにも思えますね。

今後の動きに注目したいと思います。

スポンサーリンク