スポンサーリンク




芸能エンタメ

アンミカの昔が壮絶!幼少期まとめ!成功した理由は母親のおかげ!

アンミカの昔が壮絶!幼少期まとめ!成功した理由は母親のおかげ!

情報番組やバラエティーで大活躍中のアンミカさん。

通販番組の女王と評されたり、話題のなった「白って200色あんねん」という言葉を生み出したりと、流行の最先端にいらっしゃいますよね。

そんなアンミカさんは、20歳でパリコレに参加するなど華々しい経歴をお持ちかと思いきや、過去に様々な苦労を経験されています。

今回はそんなアンミカさんは昔や幼少期、ポジティブさや堂々とした姿の秘密を解説します。

スポンサーリンク

アンミカの昔|幼少期が壮絶!

アンミカさんは1972年に韓国で生まれ、3歳のときに家族総出で日本へ密入国を果たしました。

家族は父親・母親・兄・姉・弟・妹の7人家族で、大阪で育ちました。

きょうだいのなかでアンミカさんだけ小柄でぽっちゃりしていたこともあり、親戚から「橋の下で拾われた」とからかわれたことがあるそうです。

アンミカさんの実家は4畳で貧困家庭、川沿いの橋のたもとに住んでいたので、幼少期のアンミカさんは親戚の言葉を信じてしまっていたようでした。

シロコ
シロコ
幼少期に言われた言葉って意外と忘れられませんよね。

アンミカさんの実家の貧困状態として以下のような経験があります。

  • 廃棄された果物をもらっていた
  • 給食費が払えなかった
  • すきま風がひどく、布団も薄かったため寝られなかった

また、3歳のとき段ボールの山から落ちて口の中を切ってしまい、「口が黒くて怖い」と言われたそうです。

この経験から笑うことをやめてしまい、うつむいて過ごすようになりました。

アンミカさんが11歳の時、母親のガンが発覚し、中学3年生の時に亡くなってしまいました。

父親は28歳の時に亡くなっており、自身も家計を支えるために学生時代からアルバイトをしていたようです。

幼い時のアンミカさんは引っ込み思案だったようですが、どのようにして今のポジティブな彼女になったのでしょうか。

そのきっかけはアンミカさんの母親でした。

スポンサーリンク

アンミカの母の言葉|ポジティブの秘密


アンミカさんの幼少期は親戚の心無い言葉や怪我のせいで引っ込み思案な子どもでした。

それを変えたのは、母親の「美人になる魔法を実践しましょう」という言葉です。

母親がアンミカさんと姉、妹を集めてレッスンを始めたのです。

母の美人になる魔法とは、

  • 姿勢をよくする
  • 口角を上げた笑顔にする
  • 相手の目を見て話す
  • 人の話をちゃんと聞く

この4点だといいます。

美のレッスンは成長とともにグレードアップし、嘘になにより厳しい方だったそうです。

このレッスンにより、引っ込み思案だったアンミカさんは自分に自信を持てるようになっていったのですね。

母親の「手足が長いからモデルになれる」という言葉を信じて、モデル事務所のオーディションを受け始めました。

最初は書類審査で落ちましたが、たまたま事務所へ立ち寄ったことで繰り上げ合格となったそうです。

このとき中学3年生。おそるべき行動力ですよね。

第一線で活躍する人は実力だけでなく、運も持ち合わせているのでしょう。

アンミカさんは番組内で「物事を悪く言うのが苦手」と言っており、この言葉からもポジティブ思考がうかがえますね。

スポンサーリンク

昔のアンミカの壮絶な幼少期と母|まとめ

アンミカさんは昔、極貧家庭で育っており、幼少期は引っ込み思案な子どもでした。


しかし母親が美のレッスンを始めてからは、アンミカさんもだんだんポジティブ思考になり、モデルを志すまでになります。

「母親が亡くなるまでにモデルとして活躍している姿をみせたい」といった思いから、とんでもない行動力でモデル事務所所属を勝ち取りました。

アンミカさんを今の土台となるポジティブ思考に変えたのは、間違いなく母親の存在が大きいと思います。

現在はさまざまは番組で活躍したり、会社の取締役の夫と結婚したりと華々しく見えるアンミカさんですが、見えぬ努力があったのですね。

今後もアンミカさんの影響力のある言葉を楽しみにしています。

スポンサーリンク