スポンサーリンク




芸能エンタメ

葵わかなが双子なのは本当?姉と疑われた女優は誰?

葵わかなが双子なのは本当?姉と疑われた女優は誰?

朝ドラをきっかけにして映画やドラマ、バラエティなど数々のメディアに出演し、人気売れっ子女優となった葵わかなさん。

小学生の頃から芸能活動を始めていたせいもあり、実力派女優として非常に高い評価を得ています。

そんな葵わかなさんには双子の姉がいるという話は有名ですよね。

さらに葵わかなさんの姉も同じように芸能活動をしているとも噂されています。

  • 葵わかなさんの双子の姉は本当に存在するのか?
  • 双子の姉と噂されている女優さんと一体誰なのか?

本記事ではこの2つの話題に考えていきたいと思います。

スポンサーリンク

葵わかなの双子の姉とは


そもそも葵わかなさんが双子であるという情報は、Twitter上で複数の一般人が、

  • 『友達の妹だった』
  • 『近所で有名な双子ちゃん』

などとツイートしており、かねてより話題になっていました。

そして葵わかなさんが自身のブログで兄妹について質問されたときに『三姉妹の真ん中』と答えており、葵わかなさんが次女であることが判明したのです。

『葵わかなには双子の姉がいる!』と、たちまち大きな話題を呼んだのでした。

とはいえ仮に葵わかなさんが本当に双子であったとしても、双子には一卵性双生児と二卵性双生児と、2つの種類がありますよね。

どちらのタイプの双子になるのかまでは明確にされておらず、葵わかなさんの姉の友人だとする方も『面影がある』としか発言されていません。

ですから葵わかなさんが双子の姉と似ているのかどうかについても、証拠らしい証拠はないのです。

シロコ
シロコ
ちなみに青山学院大学1、2年生の通うキャンパスがある淵野駅付近で、葵わかなさんの姉と思われる人物がたびたび目撃されていると、こちらも不確かでありますが情報として寄せられていました。

このような経緯から、葵わかなさんの双子の姉は青山学院大学に通っておりさらに顔もそっくりで面影があると噂されるようになったのです。

ただし、写真などの信頼できる情報はないものかと細かく探してみましたが、見つかりませんでした。

したがって、葵わかなさんに双子の姉がいるということに関しては真実は闇の中だと言えるでしょう。

葵わかなさんに双子の姉がいて本当に青山学院大学に通っているのだとしたら、毎日大騒ぎになっていそうですね。

葵わかなの姉と噂された女優

 

『葵わかなさんの双子の姉じゃないか?』と噂された芸能人は、調べてみると意外に多くいたのですが、

中でも谷村美月さんが1番の有力候補でした。

谷村美月さんといえばNHKの朝のドラマ『まんてん』に出演し、一躍有名になったとても美しい女優さんです。

容姿はもちろんのこと、その演技力についても葵わかなさん同様に高い評価を受けており、たくさんのドラマや映画に出演しています。


谷村美月さんの主な作品は『14才の母』『シライさん』『バケモノの子』など、ドラマや映画、声優までこなす多彩な才能の持ち主。

谷村美月さんが葵わかなさんの双子の姉だと噂された理由は、鼻の形や輪郭、目などの各パーツがあまりにもそっくりだったからです。

写真を並べてみるとよくわかるのですが、はっきり言って似てるレベルの話じゃありません。

ほぼ同じと言っても過言ではないくらい似ているのです。

シロコ
シロコ
最近の女優さんについて見分けがつかない私ですが、もし名前を伏せられていたら確実に間違えてしまいます。

双子だ姉妹だと騒がれる女優さんは昔からいますが、中でも柴崎コウさんと中谷美紀さんは飛び抜けて有名ではないでしょうか。

この2人もビックリするほどそっくりで、何かしらの事情で双子であることをひた隠しにしているのではないか…と、ガチで疑っていたくらい似ています。

自分の顔とそっくりな人が世界には3人いて〜なんて話を思い出しましたが、葵わかなさんの場合は他にも似ていると言われる芸能人がいるだけに、ちょっと複雑な心境になってしまうかもしれませんね。

まとめ


今回は葵わかなさんの双子の姉について、さらに姉だと噂された女優、谷村美月さんについてのお話をしてきました。

葵わかなさんが双子で、さらにその姉が青山学院大学に通っていると言える確固たる証拠はありませんでしたが、

シロコ
シロコ
もしすべて本当だとすれば葵わかなさんが慶應義塾大学出身になるので、優秀な才色兼備の双子姉妹になりますね。

双子の姉だと騒がれていた谷村美月さんは大阪府堺市出身なので、おそらくこの疑惑はすぐに鎮火したのではないでしょうか。

しかし確かにこれほど酷似していれば、双子だと言われても普通に納得してしまいます。

葵わかなさんほどの超売れっ子ともなれば、何かあればすぐ今後も話題に挙がってくるでしょう。

また新しい情報が出てきたら追記していきたいと思います。

スポンサーリンク