スポンサーリンク




芸能エンタメ

IVE(アイヴ)ウォニョンへの誹謗中傷の内容とは?炎上クイーンと言われる理由は?

IVE(アイヴ)ウォニョンへの誹謗中傷の内容とは?炎上クイーンと言われる理由は?

2021年12月にデビューした直後、ガールズグループでは最速となる音楽番組1位の記録を樹立したIVE。

IVEの中ではセンターで、最も人気が高いと言われているウォニョンさん。

そんなウォニョンさんに誹謗中傷が殺到していると聞きました。

シロコ
シロコ
また、炎上クイーンとの声もあります。人気があるゆえの事でしょうか。

今回はウォニョンさんへの誹謗中傷の内容と、炎上クイーンとまで言われる理由について調べてみました。

スポンサーリンク

IVE|ウォニョンへの誹謗中傷の発端は?

IVEのウォニョンさんへの誹謗中傷の発端となった原因について調べてみると、

2021年12月IVEがデビューしてすぐの頃でした。

誹謗中傷①衣装がウォニョンだけ白

こちらの画像をご覧ください。

ウォニョンさんの衣装だけ白ですね。

「1人だけなぜ白なの?」「差別だ!」との声が多数よせられたようです。

確かに1人だけ真っ白な衣装で、他のメンバーが黒ですので目立ちますよね。

しかしこれは、デビューして間もないウォニョンさんが自ら選択したはずがありません。

このような衣装を選んだ、事務所の配慮が足りなかったのではと感じました。

スポンサーリンク

誹謗中傷②ダンス

その次に大きく批判が殺到したのが、手抜きダンスです。

こちらの動画を私も観ましたが、確かに他のメンバーが大きく頭を回すダンスの場面で、ウォニョンさんはあまり動かしてないように見えました。

こちらについては、「髪型が頭を回しにくいスタイリングに見える」「個人の仕事も多いから疲れてるのではないか」などフォローする声も多くありました。

その時の身体の調子などもあるでしょうし、なんとも言えませんよね。

誹謗中傷③口パク

そしてもうひとつ、口パクと言われている問題もあったようですが、こちらの動画は現在削除されており、確認することはできませんでした。

この3つの問題が発端となり、事あるごとに炎上してしまうウォニョンさん。

どのような炎上内容なのかを次にまとめてみました。

スポンサーリンク

IVE|ウォニョンが炎上クイーンと呼ばれる理由

IVEのウォニョンの衣装格差、手抜きダンス、口パクをきっかけに他のアイドルが同じ事をしても、叩かれないようなことまで炎上するようになったウォニョンさん。

今まで炎上した内容をまとめてみました。

  • 性格が悪い
  • 自分ばかり目立とうとする
  • ファンへの対応が悪い

また、ウォニョンさんはIVEでデビューする前に、2018年にIZ*ONE(アイズワン)という日韓グローバルアイドルグループとしてデビューしており、その頃からのファンもたくさんいます。

そのIZ*ONE時代と比べて批判している方も見受けられました。

  • 前の顔の方が良かった
  • IZ*ONEの時は元気だったのに急にキャラ変した

その他、明らかに嫉妬では?と思われるものもありました。

  • 脚が長すぎる
  • 男性アイドルと一緒に音楽番組のMCをしているのが気に食わない

 

シロコ
シロコ
スタイルや仕事内容に関しては、本人の問題ではないのでなんとも言えませんよね。

性格が悪い、目立ちたがり屋などは、何か大きな事があったのではなく、ちょっとしたひとコマを切り取って中傷しているように思えました。

ファンへの対応が悪いというのは、とても良いと言ってる方もいるので、これは個人の感じ方の違いですよね。

スポンサーリンク

まとめ

今回はIVEのウォニョンさんへの誹謗中傷を調べてみました。

調べて感じたことは、ウォニョンさんへの注目度がとても高いことが分かりました。

人気のある人ほど注目されますよね。

人気が高いということは、大勢の人がその人を良いと思う事です。

一方そう思わない人もいます。

「なぜあんなに人気があるの?」「みんながいいと思う理由がわからない」と。

分からない人は知りたいと思い、その人を観察しますが良い面が探せず、ちょっとしたマイナス面を見つけて誹謗中傷に発展することが多々あります。

今回のウォニョンさんの件もそのように感じました。

また、調べたところウォニョンさんが18歳という年齢にしてはとても落ち着いているように思えました。

誹謗中傷を受けていることは本人も分かっていると思いますが、感情に出さないようです。

そういう所が中傷する人にはクールに見えて、面白くないのかもしれません。

誹謗中傷をうけて傷つかない人などいるのでしょうか。


目立つ存在だからこそ、たくさんの人から注目を浴びます。

マイナス要素からではなく、プラスの要素から人を見て、自分の言動が相手を傷つけてないか、私も今いちど注意して芸能人を応援したいと思いました。

スポンサーリンク