スポンサーリンク




芸能エンタメ

門田博光の現在は糖尿病を患っていた!原因は飲酒?病歴まとめ

門田博光の現在は糖尿病を患っていた!原因は飲酒?病歴まとめ

2023年1月24日、門田博光さんの急死が報道されました。

心よりご冥福をお祈りいたします。

門田博光さんといえば、1981年に44本の本塁打を放ち初の本塁打王を獲得したことで有名ですね。

晩年も打棒は衰えず、40歳にして本塁打王、打点王を獲得し「不惑の大砲」と言われていました。

そんな門田博光さんが74歳の若さで他界されました。

本記事では門田博光さんの現在について詳しくまとめようと思います。

糖尿病という噂も本当だったようですね。

スポンサーリンク

門田博光の現在


門田博光さんの現在ですが、兵庫県相生市内で療養中だったようです。

2023年1月23日に通院治療に現れず、病院から相談を受けた警察官が自宅を訪ねたところ、門田博光さんは倒れていたようです。

シロコ
シロコ
なぜ療養中だったかは後ほど記述しますね。

1992年に引退し、ユニフォームを脱いだ門田博光さんは、解説者や評論家活動を始めます。

門田博光さんの物腰柔らかなユーモアアップリの解説は評判をよんで、「門田博光ここに健在」と知らしめるほど精力的に活動していたようです。

ただ、そんな門田博光さんに異変が起こります。

スポンサーリンク

門田博光は糖尿病を患っていた?

引退すると大好きな酒を浴びるように飲み、そうしたツケがたたったのか糖尿病が発覚した途端タガが外れたように次々と病気が襲ってくる。引用:日刊SPA

門田博光さんは糖尿病を患っていたようです。

現役時代のシーズン中がお酒を飲まなかったようですが、オフになると、休みの日には2時間おきに飲んでいたこともあったようです。

糖尿病の原因は飲酒の可能性大

シロコ
シロコ
家の一升瓶が二日でなくなり、飲み屋に行くとビールの中瓶を20〜30本ほど空けていたようです。

門田博光さんは糖尿病の原因は飲酒も一つの原因いなりそうですね。

門田博光さん、タカが外れたように次々と病気が襲ってくると記載がありますが、

門田博光さんの病歴についても気になりまとめてみました。

スポンサーリンク

門田博光の病歴

門田博光さんの病歴をまとめます。

  • 2003年1月5日(55歳)小脳梗塞の診断で緊急入院(右耳が聞こえづらくなる)
  • 2005年(57歳)小脳梗塞が再発
  • 2017年から(69歳)人工透析

小脳梗塞後は、平衡感覚の乱れに悩まされ、目の動きが活発になると脳の機能が追いつかなかったり、急に上体を起こしたりすると吐いてしまったりビニール袋を片時も離せなかったようですね。

まともに立つことができなかったりと、小脳梗塞をさかいに体調が著しく変化していったようですね。

「五年前から透析を受けとるんです。三年前までは『透析時に四時間は寝れる』と思ってルンルン気分で出かけて、終わった後に飲むビールがなんとも言えん美味しさやった。でも、ここ二年は終わった後に水を抜かれる。一キロほどやったらなんともないんやけど、暴飲暴食したときは三キロも水を抜かれて、靴のサイズが合わんほど足がガサガサに浮腫む。……今はコロナコロナでいらんストレスがかかるから調子はあまり良くない」引用:日刊SPA

病気があったにもかかわらず、門田博光さんは暴飲暴食がやめられなかったのでしょうか?

食べたり飲んだりすることが唯一の楽しみだったのかもしれませんが、それが病気を悪化させてしまった可能性は高いですね。

私たちも食生活には気をつけなければいけませんね。

プロフィール

  • 名前:門田博光(かどたひろみつ)
  • 生年月日:1948年2月26日
  • 出身地:奈良県五條市
  • プロ入り:1969年ドラフト2位

スポンサーリンク

まとめ

門田博光さん、1992年に引退しユニフォームを脱いだ後、さまざまな病気があり、闘病中だったようです。

糖尿病、小脳梗塞を抱え、人工透析をしながら生活していたのですね。

プロ野球に名を残す素晴らしい方だっただけに残念です。

ゆっくりお休みください。心よりご冥福をお祈りいたします。