スポンサーリンク




芸能エンタメ

三代純歌のカレー屋の共同経営者は誰?【理由】仲本工事がカレー屋の近くにいた理由

三代純歌のカレー屋の共同経営者は誰?【理由】仲本工事がカレー屋の近くにいた理由

2022年10月19日、仲本工事さん急性硬膜下血腫でお亡くなりになりました。

心よりご冥福をお祈りいたします。

仲本工事さんの事故現場は、嫁である三代純歌さんの営むカレー屋さんが80メートルの場所です。

また、三代純歌さんは2021年7月の仲本工事さんの誕生日の直前に、家を出て、2021年12月にカレー屋を営むことになります。

となると、三代純歌さんの営むカレー屋の共同経営者について気になりませんか?

また、仲本工事さんが、三代純歌さんの営むカレー屋の近くの交差点にいた理由はなぜでしょう?調査してみました!

【画像】三代純歌の若い頃と現在が可愛い!仲本工事の献身ぶりも!

スポンサーリンク

三代純歌の営むカレー屋の共同経営者は誰?

届いた荷物を純歌さん住む横浜まで車で届けているんだとか。出ていった理由については『新潮』は”新しい彼氏ができたから”としています」引用:週間女性プライム

三代純歌さんの営むカレー屋さんは、ウィローズハウスという名前で、場所は神奈川県横浜市保士々谷区天王町1-11-1です。


結論から申し上げますと、三代純歌さんが営むカレー屋の共同経営者の方の名前は公開されていません。

Twitterによりますと、三代純歌さんが営むカレー屋は、2021年12月3日にオープン。

営業時間は12時〜17時だそうで、14時半からはカラオケもできるようです。

シロコ
シロコ
開店してまだ1年も経っていないのですね。

家出してカレー屋を営んだ?

三代純歌さんは2021年7月、仲本工事さんの誕生日直前に、仲本工事さんのところから離れて横浜で暮らしています。

三代純歌さんが営むカレー屋のオープンは前述しましたが2021年12月3日です。

シロコ
シロコ
一方、仲本工事さんは現在、目黒区にあるカラオケスナック「ピンクローズ」の2階で1人で暮らしているのですよ。

三代純歌さんについては、「家出」と報じていますが、仲本工事さん自身は「横浜でカレー屋さんやっているから、そっちに行っているよ。」と答えています。

また、カレー店関係者との関係についても、「そんなことないよ!」と否定しているんですよね。

仲本工事さんは三代純歌さんをかばっているようにも思えますし、三代純歌さんの彼氏はカレー屋の共同経営者の方なのかなとも想像したり。

ただ、関係者は「仲本さんは純歌さんと別居していますが、不仲というわけではないそう」と指摘の声もあります。

真実は不明のままです。

スポンサーリンク

三代純歌の営むカレー屋の近くで仲本工事が事故

実際、現場から80メートルの距離には、純歌の営むカレー屋がある。この日、現場を訪れたのもカレー屋に寄るためだったのか。引用:Yahoo!ニュース

関係者によりますと、仲本工事さんは横浜に住む純歌さんに日ごろから会いにいっているとのこと。

仲本工事さんが事故を起こした18日も、嫁の純歌さんに会いに行ったのかもしれませんよね。

事故現場の交差点には信号機がなくて、歩行者は横断禁止だったにもかかわらず、仲本工事さんがわざわざ危ないところを歩いたことも謎なのですが、

以下の不穏ツイートが気になり、今回の事故の理由と関係があるのでは?とも想像します。

スポンサーリンク

カレー屋の近くで事故|理由は?不穏ツイート


仲本工事さんの事故の原因は、不注意と言えば不注意なのですが、このツイートから、お疲れだった様子もうかがうことができます。

夫婦仲の真相も未だ不明ですね。

まとめ

三代純歌さんの営むカレー屋の共同経営者については不明のままでした。

仲本工事さんと三代純歌さんの夫婦仲も、結局、良いのか悪いのかは不明です。

ただ、仲本工事さんはとてもお疲れだったのではないかと想像しますね。

仲本工事は嫁と離婚したのは本当?【2022年現在】離婚歴や子供は

スポンサーリンク