スポンサーリンク




芸能エンタメ

宮脇咲良の昔と現在!人気の理由とは?【LE SSERAFIM】

宮脇咲良の昔と現在!人気の理由とは?【LE SSERAFIM】

2022年5月、HYBE初のガールズグループとしてデビュー前から注目を浴び、

‶BTSの妹分”として期待が高まる中デビューしたLE SSERAFIM

そのメンバーの中でも人気が高く、存在感抜群なのが、

最年長の宮脇咲良(活動名 SAKURA)さんです。

宮脇咲良(活動名 SAKURA)さんは、24歳にしてアイドルキャリアは10年以上

そのため知名度も高く、世界各国に宮脇咲良さんの彼女のファンは存在します。

そんな宮脇咲良さんの昔と現在、そして人気の理由を探ります。

スポンサーリンク

宮脇咲良の昔(生い立ち)と現在

宮脇咲良さんは1998年3月19日生まれで両親・弟と共に鹿児島県で育ちました。

2008年に子役としてデビューしています。

2011年にHKT48の1期生オーディションに合格したことから、アイドル活動が始まりました。

HKT48と並行して、AKB48でも活動を増やし順調に人気を伸ばしていきます。

2018年5月韓国のオーディション番組「PRODUCE48」に出演し、総勢96名の中から見事『IZ*ONE』のメンバーに選ばれデビューを果たしました。

IZ*ONEは2年6ヶ月の期間限定活動だったため2021年に活動を終了し、その後HKT48からの卒業を発表。

2022年現在

2022年3月、韓国の大手芸能事務所HYBEの傘下であるSOURCE MUSICと専属契約したことが発表されます。

宮脇咲良はIZ*ONEの活動終了後HKT48からも卒業したため、どのように活動していくのか不透明だった中のビッグニュースにファンは驚き、SNSでも様々な反応があがりました。

宮脇咲良はあのスーパースターBTSを育てた大手事務所から初のガールズグループ「LE SSERAFIM」としてデビューし、24歳にしてアイドル活動は10年以上になりました。

シロコ
シロコ
HKT48やIZ*ONEとしての活動でも人気があったため、知名度は高くデビュー前から注目されましたね!

元々可愛らしい顔立ちですが、さらに引き締まった大人っぽい雰囲気に変わったため、「整形したのでは?」「昔と今が別人すぎる!」という整形疑惑もあがりました。

IZ*ONEとしてデビュー頃は韓国語があまり話すことができなかったようですが、今ではメンバーと会話を楽しむ姿も見られるようになりました。

スポンサーリンク

宮脇咲良の人気の理由は? 


世界を舞台とする活躍が目覚ましいK-POP。

K-POP第4世代の仲間入りを果たし、飛躍を続けるLE SSERAFIMのメンバー宮脇咲良はなぜ人気なのか、どんな人なのかを見ていきましょう。

シロコ
シロコ
宮脇咲良は日本のみならず韓国や中国、海外からもとても人気です!

5つの人気の理由

それではLE SSERAFIMのメンバー宮脇咲良さんの人気の理由5つをみてみましょう。

  1. ビジュアルの良さ
  2. 人柄
  3. プロ意識の高さ
  4. 努力家
  5. 過去のアイドル活動からの知名度。 

宮脇咲良さんの大きな目に華やかな顔立ち、韓国美人とは雰囲気が異なりますが今では韓国メイクや、服の布面積が小さく斬新なデザインのファッションや衣装もバッチリ着こなしています。

宮脇咲良さん、厳しい練習生時代を長く経験してきた韓国の練習生相手では、当初パフォーマンスの面で実力不足が露呈することも少なくありませんでした。

真面目でストイックな性格の宮脇咲良さんは、真摯に練習に打ち込み、ステージをこなすごとに他のメンバーとの差も徐々に埋まっていきました。

表現力がとても豊かで、他のメンバーも宮脇咲良さんから学ぶことも多かったそうです。 

宮脇咲良さんは辛い練習を乗り越え努力に努力を重ね、日本のアイドルから世界のK-POPアイドルへと成長し、彼女のプロ意識の高さとファンへの愛情が世界中の人々の心を掴んでいきました。 

スポンサーリンク

まとめ

昔の可愛らしい姿から、大人っぽい姿に変化した宮脇咲良さん。

宮脇咲良さんの名前の由来は、桜の季節である3月に生まれ「良いことがたくさん咲きますように」という願いが込められているそうです。

願い通り、今世界で咲き誇っています。

家族やファンに愛されながら挑戦を続けていますが、もちろんアンチに苦しみ涙を流すこともあるでしょう。

しかし宮脇咲良さんはあえてエゴサーチをし、ファンが求めるものを追求するために様々な意見に目を通していることを明かしています。

彼女のアイドルとしての魂や芯の強さを感じました。

国境を越えて活躍する宮脇咲良さんが、次はどんな姿を見せてくれるのか楽しみです。

スポンサーリンク