スポンサーリンク




芸能エンタメ

宮脇咲良の韓国語のレベルは?ネイティブレベルになる勉強法をご紹介

宮脇咲良の韓国語のレベルは?ネイティブレベルになる勉強法をご紹介

日本で生まれ育ちアイドル活動をスタートさせた宮脇咲良さん。

今ではK-POPアイドルとして韓国に渡り活躍していますが、韓国で暮らす上でまず最初にぶつかるのが言葉の壁です。

音楽番組やインタビューを見ると、上手に韓国語を話しているように見えますよね!

多忙な日々を送る宮脇咲良さんは、韓国語がどのくらい話せるのでしょうか?

発音が難しい韓国語ですが、

宮脇咲良さんの現在の韓国語のレベル勉強法について調べてみました。

宮脇咲良さんは日本でデビューしHKT48・IZ*ONEとしての活動に続き、今年5月LE SSERAFIMとして韓国で2度目のデビューを果たしました。

スポンサーリンク

宮脇咲良の韓国語のレベルは?

結論から申しますと、LE SSERAFIMとして世界から注目される存在となった今、

宮脇咲良の韓国語のレベルはネイティブと言ってもいいほど、とても流暢です。

音楽番組やYouTubeなどの動画内でも、言葉の壁を感じないほど上達していました。

会話の流れもとても自然で、相手に合わせて会話を楽しむほど日常会話になれています。

IZ*ONE・LE SSERAFIMはメンバーに韓国人がいることはもちろん、拠点が韓国のため日常的にも韓国語が必須になります。

韓国で活動を始めた当時、言葉がわからず泣きながら日本の友達に電話をしたこともあったといいます。

IZ*ONEの時代を見てみると、韓国語は話してはいるもののまだ上手とは言えませんでしたがここまでの上達は素晴らしいですね!

K-POPアイドルとして知名度も上がり人前で話すことも増え、韓国で成功するために多忙の中必死に勉強したのでしょう。

スポンサーリンク

宮脇咲良のネイティブレベルになる勉強法とは

今ではネイティブレベルで韓国語を話せるようになった宮脇咲良ですが、決してすぐに話せるようになったわけではありません。

しかし数年でかなり上達しています。

SNSでも「上達が早い!」「めっちゃ上手になった!」など絶賛の声が多くみられました。

数年で不自由なく韓国語を話せるようになるために、毎日多忙な宮脇咲良はどのように習得したのでしょうか?

韓国語の勉強法①ハングル文字から

習得の仕方は人それぞれですが、宮脇咲良の場合はまず最初にハングル文字を読めるようになることだそうです。

韓国語は発音が難しく本に載っているカタカナ読みで勉強してしまうと、読むことはできても話すことはできないんだそうです。 そのため、本ではあまり勉強をしなかった宮脇。

本に書いてある韓国語は少し違っていて、カタカナ表記で書かれている韓国語を読みながら話しても、違う意味になってしまいます。

スポンサーリンク

韓国語の勉強法②「書ける」から「話す」へ


ハングル文字が読めるようになったら、次は書けるようになること!

そして最後に話すの順番で勉強したそうです。 宮脇本人もラジオに出演にした際、「圧倒的に韓国語を読めるようにならないと韓国語を話せないんですよね。」「発音が悪いので伝わらないんですよ。」と話しています。

まずは韓国語を読めるようになり言葉を理解する。 理解出来たら話せるようになってきたということです。

頭が良いと言われ、努力家でもある宮脇咲良でさえ韓国語の発音にはかなり苦戦したのが伝わりました。

多忙でも空き時間には韓国ドラマを見たりK-POPを聞いたりと、日頃から韓国語を聞いていたようです。

まとめ

宮脇咲良さん、IZ*ONEデビュー当時は、まったく韓国語が話せず涙を流すこともあったようです。

しかし韓国で成功するために地道な努力を続けました。

韓国大手事務HYBEから再びK-POPアイドルとしてデビューした今は、不自由なくとても流暢に話すことができるネイティブレベルまで上達しました。

音楽番組やインタビュー、YouTubeなどの動画内でも、韓国人メンバーと差を感じないほど上手に韓国語を話しています。 

  • 多忙でも少しの空き時間を利用して韓国語を聞く。
  • そして何よりもまず最初はハングル文字を読めるようになること。
  • 言葉を理解し書けるようになること。
  • 最後に話すこと。

これが宮脇咲良さんが、韓国語を話せるようになるのために頑張ってきた勉強法です。

韓国語を勉強したい方は、諦めずに毎日コツコツ、ハングル文字を読めるようになることから始めてみてください!

スポンサーリンク