スポンサーリンク




芸能エンタメ

森保一監督の息子はyoutubeやってる森保圭悟?家族構成が凄い

森保一監督の息子はyoutubeやってる森保圭悟?家族構成が凄い

森保一(もりやす はじめ)さんは元プロサッカー選手であり、現在は指導者として活躍しているサッカー日本代表チームの監督です。

正式には『日本A代表兼オリンピック日本代表監督』で、これは2つの日本代表チームを兼任しているという意味になります。

生まれは静岡県掛川市ですが、育ちはカステラで有名な長崎県長崎市。

そんな森保一さんには、愛するご家族がいらっしゃいます。

息子さんは3人いらっしゃるのですが、指導者のスペシャリストと称される父を持つ子供さんたちがどんな人たちなのか、詳細が非常に気になりますね。

今回お伝えするのは下記2点。

  1. 森保一さんの息子や妻、家族構成
  2. 森保一さんの経歴

こちらについて詳しく解説していきたいと思います。

それではさっそく見ていきましょう!

スポンサーリンク

森保一の3人の息子と妻|1人はYouTuber!

森保一さんの3人の息子さんと家族構成についてお話ししていきます。

家族構成はとてもシンプルで、妻と息子さん3人の合計5人家族です

  • 妻:由美子さん
  • 長男:翔平さん
  • 次男:圭吾さん
  • 三男:陸さん

長男の森保翔平さんとは

森保一さんの長男、森保翔平さんは、サンフレッチェ広島のユース出身です。


森保翔平さん、2009年にはU-18の日本代表にも選抜されており、サッカーの腕前もかなりのもの。

香川県讃岐市、丸亀市が拠点であった『カマターレ讃岐』にプロのサッカープレイヤーとして在籍していましたが、2015年に契約満了となり退団しました。

翌年2016年になんと日本を離れ単身ニュージーランドへ。

ニュージーランドでは3つのクラブに所属し活躍を見せましたが、怪我を負った2019年に引退しています。

現在は次男、圭吾さんが開設したYouTubeチャンネル『LISEM』のカメラマンをし、2022年にはKONAMI公式YouTubeチャンネルが運営しているサッカークラブ『Wienner’s』の一員となっています。

スポンサーリンク

次男の森保圭吾はYouTuber

次男、森保圭吾さんも、長男である翔平さんと同じくサンフレッチェ広島ユース出身


森保圭吾さん、当時はフリーキックの名手として知られており、その実力は長男同様に相当なものだったとうかがえます。

しかし大学3年生のときに第63回全日本大学サッカー選手大会決勝で左足靭帯を負傷、半年間の離脱を余儀なくされました。

そのため、卒業と同時にJリーガーになる夢は叶わなかったようです。

大学卒業後の2016年にオーストラリア2部リーグのセミプロ・エッジワースイーグルスを経てフィリピンリーグのJPVマリキナFCというクラブに移籍します。

JPVマリキナFCではしっかりと成績を上げ、クラブに貢献できる優秀な選手であったものの、肝心のクラブに経営問題が起き退団

さらにオーバーリーガのTuSロット=ヴァイス・コブレンツに2019年に加入するも、こちらも同年に退団しています。

その後12月31日にTwitter上で引退表明をし、サッカー選手としての人生に一旦の終止符を打ったようです。

しかし、サンフレッチェ広島ユース時代の同期メンバーである、藤井貴之さんと重行拓也さんとの仲良し3人組で2020年にYouTubeチャンネル『LISEM』を開設。

これまでと違う形で大好きなサッカーと関わっていくことに決めます。

翌年2021年には長男の翔平さんがいるKONAMI公式YouTubeチャンネルが運営するサッカークラブ『Winner’s』の一員となり、兄弟そろっての新たなチャレンジを始めています。

三男の森保陸さんとは

三男の森保陸さんは、立教大学に通っていましたが、2022年5月に日本を離れアメリカに渡米。


しかし陸さんが選んだアメリカは、ヨーロッパや南米と違い『サッカー不毛の地』と皮肉めいた異名をつけられてしまうほど、サッカーにおいてあまり良いイメージがありません。

そんな場所を選んだ陸さんも、お兄さんたち同様にチャレンジ精神が非常に高いのでしょうね。

サンフレッチェ広島のユース時代には日本一も経験している陸さん。

長男、次男に続き、これからどんな形でサッカーに携わっていくのか楽しみです。

スポンサーリンク

妻の森保由美子との馴れ初め

最後に、妻である森保由美子さん。

森保一監督は当時から、朝から番までサッカーに時間を取られていたため、家のことはすべて由美子さんがやっていたそうです。

『家のことは全くやっていない。仕事バカな私を支えてくれた家族に感謝したい』

と、森保一さん自身も言いきっているほど。

そんな1番の苦労人であろう妻、由美子さんと森保一さんは高校時代からのお付き合いで1990年にゴールイン。

由美子さんは一般人ですので、由美子さんにまつわる詳しい情報は特にみあたりませんでした。

それにしても息子さんが全員、プロサッカーの道に進んだのはすごいですね。

3人にはそれほど父親である森保一さんの姿がカッコ良く見えていたんでしょう。

家のことや子育てのことは何もしていないと仰っていた森保一さん。

しかしその背中でしっかりと息子さんたち3人を将来に導いていました

森保一さんの指導者としての実力は、サッカーだけではないということですね。

スポンサーリンク

森保一の経歴


冒頭でもお伝えした通り、森保一さんはサッカー日本代表の現監督です。

2017年10月からU-23日本代表監督になり、その翌年2018年7月からは、ロシアワールドカップで指揮をとった西野朗監督からバトンを受け取り、日本A代表監督として4年契約を結びました。

なんとこれまで日本A代表兼オリンピック日本代表監督を務めたのは、トルシエ監督と森保一監督のみだそうです。

森保一さんが何故このような大役を任されたのかというと理由は簡単。

2012年から2017年までの5年間で、なんと森保一さん率いるチームはリーグ優勝を3回はたしており、元々の実力にくわえ実績、指導力ともに天下一品だったのです。

また、森保一さん自身、その昔はプレイヤーとして活躍していました。

1987年から2003年にJリーグで活躍した森保一さんは、その実力から日本代表選抜メンバーにも選ばれています。

個人的に驚いたのが、森保一さんはあの有名な『ドーハの悲劇』を経験したプレイヤーだったということ。

『ドーハの悲劇』とは、1993年10月、カタール・ドーハで行われたW杯最終予選で、日本は初のW杯出場に王手をかけていたにもかかわらず、試合終了間際に敵の同点ゴールを許してしまい、

日本はW杯初出場の切符を逃したという、選手や監督のみならず、サムライジャパンを応援する者たちにとってトラウマ級の試合のことです。

忘れたくとも忘れられないあの悲劇を知る森保一さんが、現在2つの日本代表監督を務めておられるのは果たして運命なのでしょうか?

全ての人の期待を一新に担い、いま正にチーム一丸となって世界の壁を打ち破るべく、森保一さんは努力に努力を重ねる日々を送っておられます。

スポンサーリンク

まとめ

森保一さんの息子や家族構成、経歴などについてまとめました。

これまでの日本代表監督といえば

岡田武史監督、ジーコ監督、オシム監督、トルシエ監督、などなど、わりと個性強めな人たちが目立っていたと思います。

森保一さんは歴代日本代表監督の中でもどちらかといえばあまり目立たないタイプで、私も正直あまりピンときていませんでした。

ですがその人物像や息子さんたちのことを知れば知るほど隠された真の実力をひしひしと感じ、

森保一監督なら日本を世界のトップへと導いてくれるのではないかと、今では大きな希望を持たずにはいられません!

また、サラブレッドとなる3人の息子さんたちにも大きな期待が寄せられます。

今後、森保一さんと息子さんたちがどのような活躍を見せてくれるのか非常に楽しみですね!

スポンサーリンク