スポンサーリンク




芸能エンタメ

永野芽郁の子役時代が抜群の可愛さ! 当時の活躍ぶりを調査

永野芽郁の子役時代が抜群の可愛さ! 当時の活躍ぶりを調査

2022年上映の『マイ・ブロークン・マリコ』で、大きな注目を集めている永野芽郁さん。

同年放送のドラマ『ユニコーンに乗って』でも存在感を見せ、今注目されている女優さんの 1人です。

シロコ
シロコ
こんなに活躍しているのに、まだ 23 歳(2022 年現在)と言うのも凄いです。

そんな永野芽郁さんですが、幼い頃から子役として活躍していました。

どんな作品に出てい たのか?そもそも役者になったきっかけは? 詳しくまとめました。

スポンサーリンク

永野芽郁さんの子役デビューは 8歳!端役から大河ドラマ出演へ

それでは永野芽郁さん出演作品を詳しくご紹介します。

初出演は子役で8歳!

永野芽郁さんの初出演作品は、映画『ハード・リベンジ、ミリー ブラッディバトル』。

この時は、本当に数カットでの出演でした。

当時のポスターには、小さく永野芽郁さんの名前が掲載されていました。

この少女が、数年後に朝ドラのヒロインになると誰が予想したでしょう。

スポンサーリンク

テレビドラマデビュー|2010年「ハガネの女」


テレビドラマデビューは、2010年放送の『ハガネの女』です。

この時は、主人公を演じる吉瀬美智子さんの子供時代役に。

こちらも出番が多いわけでは無いですが、主人公の子供時 代役は重要な役柄です。

すでに女優の片鱗が見える活躍です。

映画|2012年るろうに剣心


2012 年には、映画『るろうに剣心』に町娘役で出演。

主演の佐藤健さんとは、2018年朝ドラ『半分、青い』で再び共演することに。

朝ドラでは永野芽郁さんが主演ですから、時の流れとご縁を感じます。

大河ドラマ|2013年八重の桜


子役として存在感を発揮したのは、大河ドラマ『八重の桜』(2013 年)ではないでしょうか。

出番が少ないとはいえ、大河ドラマ抜擢は大きな成功への道筋。

まだ中学生ながら、同世代の子役の中では、光る存在であったことが解ります。

のちの『真田丸』(2016 年)では、 徳川家康の孫娘・豊臣秀頼の妻である千姫を熱演しました。

物語のキーとなる千姫役での起用は、『八重の桜』からの成長を示す証にもなりました。

スポンサーリンク

永野芽郁が子役になるきっかけはスカウトだった

永野芽郁さんが芸能界入りしたのは、8 歳(小学 3 年生)でのスカウトがきっかけ。

東京の吉祥寺を歩いている時に、スカウトされて芸能事務所に入りました。

当初はバラエティに出られると思い、ひな壇に座れるのを楽しみにしていたそうです。

しかし、いざ入ってみると演技の練習ばかり。

まだ幼く、遊びたい年頃の永野芽郁さんは「辞めたい」と思う事もあったとか。

その後は演技の楽しさに目覚めますが、幼いこともあり「仕事」と言う感覚よりも、「楽し い」と言う感覚が強かったとか。

当然ながら、成長するにつれ「このままでいいのか」と考えるようになり、葛藤もあったと言います。

しかし、お仕事を続けるうちに、「こんなに長く頑張れたのは、演技だけだった」と考える様になったそうです。

2015 年の『繕い裁つ人』では、体調不良の中で撮影を頑張り続けた自分を、「成長したのかな」と思えたそうですね。

ただ「楽しい」だけだった演技が、人生を賭けるお仕事だと思えた瞬間だったのでしょう。

その後、映画『俺物語!!』(2015 年)では、ヒロインの座をゲット。

道を決めた後に射止めたヒロインは、永野芽郁さんに大きな影響を与えたことでしょう。

スポンサーリンク

カルピスCM、ドラマ『3 年 A 組』での名演技


子役を脱した永野芽郁さんは、2016年よりカルピスウォーターのCMに登場。

カルピスのCM と言えば、フレッシュ&注目度の高い女優さんが選ばれ、活躍してきました。

このCMに抜擢されたことは、永野芽郁さんの可能性が認められたということでしょう。

カルピスのCM契約は 2022年まで続き、好評だったことが窺えます。

大河ドラマ『真田丸』への出演も 2016 年。永野芽郁さんにとって、2016 年は飛躍の年だ ったのでしょう。


演技面では、ドラマ『3 年 A 組-今から皆さんは、人質です-』での注目が、その後の飛躍に繋がりました。

永野芽郁さんは、自殺した生徒(上白石萌歌)の親友役で登場。

大人しく目立たない彼女が、親友を死に追いやった者の存在を暴くため、次第に強さを露わにしていきます。

センセーショナルな内容と、重要な役に抜擢されたことが、永野芽郁さんの知名度を確実なものにしました。

子役時代に愛らしい笑顔を見せていた永野芽郁さんも、すでに 20 歳を超えています。

現在はさらに女優の可能性を広げるため、様々な役で違った表情を見せてくれています。

爽やかなビジュアルだけでなく、演技面での注目も高いため、今後も高く飛躍していくことでしょう。

まとめ

子役時代から映画・ドラマに活躍してきた永野芽郁さんも、20代の現在は『マイ・ブロー クン・マリコ』(2022 年)、『母性』(2022 年)と、大人の女性役を見事に演じています。

登場しても数カットだった子役時代から、努力と実力で階段を上ってきました。

SNS のフォロワー数も2022 年現在で 200 万人を超える人気です。

PRADAのアンバサダーという大役も務め、将来の活躍が楽しみな女優さんの1人でしょう。

機会があれば、子役時代からの作品を見比べて、成長を感じてみて下さい。

スポンサーリンク