スポンサーリンク




芸能エンタメ

中森明菜の事務所社長は誰?事実婚の噂の真相まとめ!

中森明菜の事務所社長は誰?事実婚の噂の真相まとめ!

2022年8月30日にTwitterを開設し、デビュー40周年を報告して活動再開をファンに報告した中森明菜さんですが、事務所社長と事実婚状態との噂があります。

中森明菜さんと事実婚状態にある事務所社長とは一体誰でどんな人なんでしょう?

今回は中森明菜さんが事務所社長と事実婚しているという噂の真相について調べてみました!

スポンサーリンク

中森明菜さんの事務所社長って誰?

中森明菜さんが同棲しているのは中森明菜さんの個人事務所である『FAITH(ファイス)』の社長兼マネージャーさんだと言われていました。

『株式会社フェイスミュージックエンタテインメント』の代表取締役社長を務める田村克也さんとの噂もありましたが、こちらはどうやら完全誤報のよう。

中森明菜さんが田村克也さんの事務所に所属していた事実もありませんし、単純に田村克也さんの事務所名と中森明菜さんの事務所名が似ていたせいでこのような誤報が流れたのでしょう。

中森明菜さんの個人事務所、ファイス社長の個人名は残念ながらネットには上がっていませんでした。

ちなみに2013年11月21号『女性セブン』にて、中森明菜さんの恋人は中森明菜さんより4歳年上のマネージャーだと報じられています。

元々大手芸能事務所のマネージャーだったそうですが、中森明菜さんのために独立してマネージャーとなり、中森明菜さんのことを公私共に支える道を選んだのだそう。

家族との確執や近藤真彦さんとの悲痛な恋愛を経て、人間関係には酷く臆病になっていると思われる中森明菜さん。

フェイス社長は中森明菜さんとの関係も長く10年にもなるそうなので、中森明菜さんにとって心の置ける存在となっていたのでしょう。

スポンサーリンク

中森明菜さんが事務所社長と事実婚、噂の真相

中森明菜さんが事務所社長と事実婚状態にあるとの噂が出ていましたが、現在ここにきて雲行きが怪しくなってきています。

結論から言いますと、現在は中森明菜さんの個人事務所ファイスの社長兼マネージャーさんとの事実婚は解消されている可能性が大きいです。

では、その理由を順を追って説明していきましょう。

今年の2022年8月30日に『中森明菜』の名前でTwitterアカウントが開設されました。

デビュー40周年にあたり活動再開の報告と同時に、新たな個人事務所『HZ VILLAGE』設立の報告があったのです。

今年に入ってNHKで中森明菜さんの過去のライブ映像を放送しましたが、その時にNHK側との打ち合わせ等に足を運んでいたのは長年連れ添ってきた社長兼マネージャーではなかったそうです。

『HZ VILLAGE』では前事務所から独立した中森明菜さんが社長として就任しており、監査役には事務所の入居ビル関係者であった敏腕弁護士だった男性が就任。

テレビ関係者からのリークでは、新会社の役員には会社社長兼マネージャーの名前はなく、中森明菜さんとの契約解除に至ったとの報告がレコード会社に寄せられたとのこと。

これはもしかすると破局してしまった線が強いかもしれません。

事務所の入居ビル関係者であるこの敏腕弁護士も素性が知れないのもあり、なんだか怪しく思えてきます。

おまけにこの新たな個人事務所設立の話は中森明菜さんが契約しているレコード会社側は、全く何も聞かされていなかったそう。

中森明菜さんの家族である兄が

『明菜はすぐに人を信用し依存しやすい』

と答えていましたから、また騙されたり良いように利用したりされていないのなら良いのですが、現時点でもまだこの敏腕弁護士であり監査役の方の情報はいっさい漏れてきておりません。

そしてこのTwitterアカウントには公式マークがまだついていない(2022年10月現在)ため、本当に中森明菜さんなのかどうかも実際には不明なままです。

先述した通り、数々の不遇を経験した中森明菜さんですから、そろそろ幸せになってほしいと願うばかりですね。

スポンサーリンク

まとめ

今回は『中森明菜の事務所社長は誰?事実婚の噂の真相』と題してお伝えしてきました。

2022年8月に開設したTwitterは、中森明菜さんの復帰をずっと強く願っていたファンからも大好評だったので、ぜひ本物であってほしいところです。

中森明菜さんは家族間での金銭トラブルや、近藤真彦さんとの恋愛のもつれもありましたし、やはり人間関係やこれまでご自身で築いてきたその地位などが原因となり気苦労が多い人生のように思います。

また、中森明菜さん自身が完璧主義すぎる故に、かなり激しいレベルでのトラブルとなり、中森明菜さんも感情的になり癇癪を起こしてしまうそうなんですね。

これまで精神的に追い込まれすぎたがために仕事やプライベートでこのような支障をきたしてしまう状態にあると考えると不憫でなりません。

新しい個人事務所開設もレコード会社は知らなかったようですし、ここから大きなトラブルへと発展しなければ良いのですが…はたして。

スポンサーリンク