スポンサーリンク




芸能エンタメ

仲村トオルは若い頃からかっこいい!ビーバップやあぶない刑事で人気

仲村トオルは若い頃からかっこいい!ビーバップやあぶない刑事で人気

俳優として活躍中の仲村トオルさん。

海猿」や「チーム・バチスタの栄光」など人気ドラマシリーズに出演し、クールな雰囲気と高い演技力で人気ですよね。

今も素敵な俳優さんですが、若い頃はどんな方だったのか気になりませんか?

仲村トオルさんは若い頃、「ビー・バップ・ハイスクール」シリーズや「あぶない刑事」シリーズに出演し大人気でした。

この記事では仲村トオルさんの若い頃の画像や活躍をご紹介します。仲村トオルの経歴は?名前のおかげでデビュー?

スポンサーリンク

仲村トオルさんのプロフィール

本名:中村 亨
生年月日:1965年9月5日
出身地:東京都大田区
身長:185cm
趣味:読書、トレーニング、旅行
特技:乗馬、スキューバダイビング

仲村トオルさんは1965年東京都に生まれましたが、0歳から3歳までは大阪府寝屋川市で育ちました。

幼稚園に入る前、神奈川県川崎市に引っ越し、小学校3年から千葉県流山市で育ちました。

大学在学中に主演デビュー


専修大学松戸高等学校から専修大学文学部に進学した仲村トオルさん。

1985年、20歳のときに「ヤングマガジン」で連載されていた漫画「ビー・バップ・ハイスクール」の実写映画化の公募オーディション主演をつかみ取ります。

いきなりの主演で芸能界デビューを果たすなんてすごいですよね!

「ビー・バップ・ハイスクール」で仲村トオルさんが演じたのは中間徹

本名とそっくりですよね!

名前が似ているだけでなく、仲村トオルさんのもつ雰囲気が原作者であるきうちかずひろさんのイメージにぴったりだったため、選出されたそうですよ。

このオーディションには原作のファンであり本物のツッパリの人もたくさん来ていたようで、「本物のツッパリの人がたくさん来ていて怖かった」「僕みたいな大学生は目線を合わさないようにしていた」とラジオで語っています。

ヤンキー映画の金字塔とも呼べる「ビー・バップ・ハイスクール」。

喧嘩のシーンをアクションとしてうまく魅せたり、青春や恋愛も絡んだ娯楽映画としてヒットしました。

登場人物に共感を覚えた高校生や現役のツッパリの人が映画館に押し寄せたそうです。

仲村トオルさんは「ビー・バップ・ハイスクール」で

  • 1987年:日本アカデミー賞 新人賞
  • 1987年:毎日映画コンクール スポニチグランプリ新人賞
  • 1987年:ヨコハマ映画祭 最優秀新人賞
  • 1988年:エランドール賞 新人賞

を獲得しています。

仲村トオルさんは1986年からは刑事ドラマ「あぶない刑事」シリーズに出演しています。

この作品でも演じたのは「トオル」役。

新人刑事の町田透は仕事中も女性をナンパするような少しチャラい役でした。

仲村トオルさんは「ビー・バップ・ハイスクール」に続き、人気シリーズに出演したことで一気に知名度が上昇しました。

妻と子供

私生活では主演ドラマ「俺たちルーキーコップ」で相手役を務めた元女優の鷲尾いさ子さんと1992年に結婚しています。

一人娘の美緒さんは現在モデルとして活動しており、2019年には仲村トオルさんが長年CM出演している「エビオス整腸薬」のCMに出演しています。

スポンサーリンク

仲村トオルの若い頃の画像を紹介


それでは、仲村トオルさんの若い頃の画像を見てみましょう。

ヤンキー映画というと怖いイメージがありますが、仲村トオルさんと共演の清水宏次朗さんがかっこいい!と女子高生に大人気だったようです。

若い頃は男性にも人気があった

男性人気もあったんですね。

そして若い頃も今も変わらぬかっこよさに驚いてしまいますね。


仲村トオルさんの名前が中間徹と似ていることから、こんな勘違いも!?

若い頃はあぶない刑事でも話題に

あぶない刑事シリーズでは、主演に舘ひろしや柴田恭兵という渋い俳優がいたために「青さ」が目立っていたようです。


仲村トオルさんは若い頃もかっこいいけれど、年齢を重ねて渋みを増した姿も素敵ですね。

作品に恵まれ、スター街道を歩んだように見える仲村トオルさんですが、その2本だけが有名になり、俳優としての道が狭く感じられたこともあるそうです。

スポンサーリンク

所属事務所セントラルフォースからKITTOへ

1994年に所属事務所セントラル・フォースを離れKITTOに移籍してからはトレンディドラマにも出演するようになりました。


若い頃の仲村トオルさんはシャープさがあってかっこいいですね!

さらばあぶない刑事で11年ぶりの共演

仲村トオルさんは2016年には映画「さらば あぶない刑事」で舘ひろしさん柴田恭兵さんと11年ぶりに共演を果たしています。

二人はいまでもかっこいいと安心したと同時に、「15年後、俺はこういうふうになれるかな」 と思ったんだとか。

目指すのは舘ひろしさんや柴田恭兵さん、そしてもっとも尊敬する俳優・松田優作さんのような渋かっこいい俳優なんですね。

デビュー当時、仲村トオルさんは松田優作さんと同じ事務所に在籍しており、兄のように慕っていたそうです。

自宅には松田優作さんのポスターを飾った部屋があり「僕の方がかなりお兄さんになってしまったけど……」と今でも尊敬してやまないのだとか。

まとめ

仲村トオルさんの若い頃の画像とともに、経歴をご紹介しました。

若い頃もかっこいいですが、デビューから30年あまり経つ現在は、渋さとスマートさが際立っていますね!

尊敬する松田優作さんや舘ひろしさん、柴田恭兵さんのようなダンディーな大人の男に近づいているかも!?

今後も仲村トオルさんの活躍に期待したいと思います。

スポンサーリンク