スポンサーリンク




事件

n番部屋事件の博士【チョ・ジュビン】顔画像や学歴や生い立ちは?

n番部屋事件の博士【チョ・ジュビン】顔画像や学歴や生い立ちは?

n番部屋事件は、2018年から2020年の間にアプリ内で行われた大規模なデジタル性犯罪事件です。

2022年11月22日報道のワールド極限ミステリーでも話題になっていました。

2020年3月に主犯の1人で「博士」を名乗る、チョ・ジュビンが逮捕されたことをきっかけに各メディアが一斉に報じ「n番部屋事件」の存在が広く知られることになりました。

主犯の1人である、チョ・ジュビンの顔画像学歴や生い立ちが気になり調べてみました。

スポンサーリンク

n番部屋事件の博士の顔画像

チョ・ジュビンの顔画像ですが、とてもおとなしそうで物静かな雰囲気ですね。

本当に見た目では犯罪に手を染めているかわかりませんね。

n番部屋事件の博士(チョ・ジュビン)の学歴

チョはソウル市郊外の短大で情報通信を専攻。成績は優秀で保育園でボランティア活動もしていたことが分かっている。引用:文春オンライン

n番部屋事件の博士のチョ・ジュビンの学歴ですが、情報通信を専攻し、学内読書感想文大会で1等を獲得したことがあったようです。

4学期中3学期の平均単位が4.0を超えるほど成績が良く奨学金も複数回受けていたようです。

文章を書くことが大好きで世論に関してのコラムなども書いていたほどに文才があり秀才だったとも記されています。

表ではこのように真面目に生活しており、裏の顔の残忍さを簡単にご紹介しますと、

入場料の額によって会員にランクをつけて、最高ランク入場料を払った会員は従業員のようの扱いで、

マネーロンダリングや女性が苦しむ行為をリアルタイムで視聴できる特権なども設けて、有料会員はどんどん増えてゆきました。

警察は自宅から約1,300万円の現金を押収していますが、有料会員の支払いは全て仮想通貨だったので、仮想通貨を現金化して更なる収益を得ていたことが想像できますね。

心打たれるような文言を犯罪にも活かしていたということになりますね。

現在までに確認されている被害者は74名という情報もありますがまだまだ広がっている可能性もありますね。

被害者の中には生活に困窮している貧困家庭の子供などもいて、「援助交際のアルバイト」という名目で集められたようです。

スポンサーリンク

n番部屋事件の博士の生い立ち

n番部屋事件の博士チョ・ジュビンの生い立ちについては詳しく掲載は見つけられなかったのですが、ボランティア活動も行うような奉仕精神にあふれた一面も持っていたのです。

どういう奉仕かというと、保育園に通う児童と運動会を行うというイベントのようなもので、この奉仕だけ見るととても微笑ましいものですよね。

ただ、事件の被害者にあった女性の中には未成年者もいるとの報道から、このボランティア活動から被害者になる子供がいたのかもしれません。

n番部屋事件の博士チョ・ジュビンは、どこにでもいるおとなしそうな男性です。

本当に一人一人が気をつけなければいけないことがわかります。

スポンサーリンク

n番部屋事件の博士|世間の声

この事件を受けて、日本でも起こりうることを考えたほうが良いのかもしれません。

まとめ

n番部屋事件の博士チョ・ジュビンについてまとめてみました。

ネットを利用した犯罪は自分には関係ないとは思わずに、リテラシーを強めてゆく必要があると考えさせられました。

スポンサーリンク