スポンサーリンク




芸能エンタメ

ちむどんどん脚本家の羽原大介|経歴や学歴と世間声まとめ

ちむどんどん脚本家の羽原大介|経歴や学歴と世間声まとめ

ちむどんどんは2022年前期放送のNHK連続ドラマです。

演作家、脚本家、演出家の羽原大介さんの脚本によるオリジナル作品ですが、

このように、かなり話題になっているんですね。

これだけ話題になっているNHK連続ドラマも珍しいですね。

この脚本家とはどういう人なのだろうと疑問に思う方もいると思いますので、まとめてみました。

スポンサーリンク

ちむどんどん脚本家の羽原大介とは?

羽原大介(はばらだいすけ)さんは脚本家ですが、容姿はとても穏やかで優しそうですね。

  • 1964年11月27日生まれ
  • 日本の演作家、脚本家、演出家
  • 出身は鳥取県

経歴

後述の大学を卒業し、芸能プロダクションのサンミュージックでアイドルのマネージャーをしていた。

その時に、先輩マネージャーの紹介でつかこうへいさんに会い、「会社やめて俺のところに来たらいいじゃないか」に、つかさんの言葉に、翌日辞表を出してつかさんに師事。

つかさんの事務所で運転手、付き人、裏方等を経験した後、

3年後につかさんの紹介で映像制作会社に就職。

29歳で退職。

1992年に脚本家としてデビュー。

2022年4月。演劇ユニット・羽原組を始動させることを発表。

学歴

  • 日本大学明誠高等学校卒業
  • 日本大学芸術学部文芸学科卒業

日本大学芸術学部文芸学科卒業の映画監督や脚本家です。

日本大学芸術学部文芸学科ではよしもとばななさんと同期だったようです。

  • 沖田修一さん
  • 金子ありささん
  • 柴崎幸三さん
  • 中沢敏明さん
  • 羽住英一郎さん
  • 宮藤官九郎さん
  • 篠山紀信さん
  • ホンマタカシさん
  • 片渕須直さん
  • よしもとばななさん

などがいます。

スポンサーリンク

ちむどんどんの世間の声

シロコ
シロコ
竜星涼さんの演技のうまさも綴られていますね。

シロコ
シロコ
これ私も共感しました。「あなたはあなたのままでいい。」これは使いづらくなりました。

シロコ
シロコ
子供に「高かったのに!」とは言いませんね。

厳しい意見が続きます。

「#ちむどんどん反省会」というハッシュタグを知っていますか?

これはちむどんどんの放送後に書き込まれるツイートなんですが、まっとうな批判の声と、少しエスカレートしたものもあります。

羽原大介の作品

  • 2006年映画「パッチギ!」第29回日本アカデミー賞優秀脚本賞
  • 2007年映画「フラガール」第30回日本アカデミー賞最優秀脚本賞
  • 2009年ドラマ「母さんへ」2009年度ギャラクシー賞
  • 2012年ドラマ「とんび」モンテカルロ・テレビ祭り最優秀賞
  • 2013年ドラマ「ダブルフェイス」日本民間放送連盟賞

などなど、羽原大介さんは数多くの作品を残されています。

まとめ

今話題のちむどんどんの脚本家の羽原大介さんの経歴や学歴、作品などをまとめてみました。

素晴らしい経歴と、多くの受賞作品があることがわかりましたね。

ちむどんどんの本編最終回は9月30日になっていますが、それまで注目してゆこうと思います。

スポンサーリンク