佐伯かよのの夫は新谷かおるで子供や本名は?あきひ他作品や経歴まとめ!

冨高聡ちゃん4歳男児の両親の名前は?何をしていたの?札幌市白石区のマンションとは?

スポンサーリンク

佐伯かよのさんが8月29日に肺がんのために69歳でお亡くなりになっていたことがわかりました。

私の祖母が持っていた佐伯かよのさんの漫画を読んだことがあり、「あきひ」なども懐かしいです。漫画が好きになったきっかけでした。

ご冥福を心よりお祈りいたします。

そんな佐伯かよのさんの夫や子供や本名を知りたくなりました。

あきひ以外の作品も読んでみたくなったので作品や経歴なども調査したいと思います。

佐伯かよのの夫は新谷かおるで子供はいた?

佐伯かよのさんの夫は新谷かおるさんです。

1973年佐伯かよのさんと新谷かおるさんは結婚されています。

少女漫画の感性と少年漫画の熱さを併せ持っており、夫婦で互いの作品を手伝うことも多かったようです。

羨ましいですね。同じ志で同じ道を歩んでいたのですよね?

  1. 名前:新谷かおる(しんたに かおる)佐伯かよのさんの夫
  2. 生年月日:1951年4月26日
  3. 出身:大阪府豊中市出身

子供はいた?

佐伯かよのさんに子供がいたのか気になりましたが、「佐伯かよのさんと娘もご同行!」という投稿を発見しました。

娘さんがいらっしゃったようです。

佐伯かよのさんの長女は「まのちゃんさん?」「まの」という名前でしょうか?

「かよの」「まの」???

それにしても幸せそうなご家族のお写真が微笑ましいですね。

佐伯かよのさんのお子様についてはこちらの情報しか入手できていません。

本名やプロフィール

  1. 名前:佐伯かよの
  2. 本名:新谷佳代乃(しんたにかよの)
  3. 生年月日:1952年3月30日
  4. 出身:山口県荻市

新谷かおるさんと2人でお互いの作品を手伝うことも多かったことは前述しましたね。

夫のかおるさんは作品のメカニックを描いて、逆にかおるさんの作品中の一部キャラクターを佐伯かよのさんが描くこともあったようですね。

佐伯かよのさんは、3年前にステージ4の肺癌だったようです。

2021年8月29日に、夫である新谷かおるさんが、ご自身の公式サイトで、佐伯かよのさんが肺癌で死去したことを報告しました。

佐伯かよのさん、69歳でした。

スポンサーリンク

佐伯かよのあきひ以外の作品や経歴は?

1984年のプチコミックの「燁姫(あきひ)」は有名ですね。「燁姫(あきひ)」と「口紅コンバット」のヒットで佐伯かよのさんは注目を集め有名になりました。

佐伯かよのさんは、1972年にりぼん漫画賞佳作入選。

「世界一幸福な男の話」でデビューしています。

1980年には『少女コミック』で「スマッシュ!メグ」の連載を開始します。

1994年「緋の稜線」で第23回日本漫画家協会賞優秀賞を受賞しています。

スポンサーリンク

佐伯かよのの訃報について世間の声は?

しゃらちゃん
まだまだ活躍されるはずの方でした。早すぎる、早すぎます。
明るくてチャーミングな女性。
吐かなくとも芯の強い女性。
艶やかに魅了する女性。
どの主人公も素敵でした。
しゃらちゃん
業界でも有名な鴛鴦(おしどり)夫婦でもあり、作家夫婦さんでもある。
お互いもアシストもしてらしたそう。
新谷先生もさぞ気落ちされているのではないか。
しゃらちゃん
佐伯先生が描くドレス姿が好きでした。
しゃらちゃん
大切な妻であり、仕事のパートナーを喪った新谷先生の悲しみはいかばかりか。
しゃらちゃん
ただ悲しいです。ご冥福をお祈りいたします。

まとめ

佐伯かよのさんの夫の新谷かおるさんやお子様のこと、また「燁姫(あきひ)」以外の作品についてもご紹介しました。

私が幼少の頃にも、佐伯かよのさんの作品がおいてあって、可愛いドレスやお洋服にときめいた記憶があります。

りぼんも大好きでした。これからもまだまだ活躍できたでしょうに残念でなりません。

虹の橋を渡って、苦しみのない世界で、大好きな漫画をたくさん描いていることでしょうね。

残念で仕方ありませんが、残された私たちは、佐伯かよのさんの素晴らしい漫画に浸りながら、思い出話でもしていた方が、ご本人はお喜びになるのかもしれませんね。

本当に本当に今まで多くの感動をありがとうございました。

心よりご冥福をお祈りいたします。

スポンサーリンク

ABOUTこの記事をかいた人

ひろりんこが運営する「Dramatic journey」は、ニュースやドラマのこと、旅やグルメなどについての記事を書いています。シンプルかつ、誰にでもわかるような記事作成と、多くの方の「知りたいな!」に応えられるように、いつも心がけています。興味のあるものから是非目を通してみてください。