スポンサーリンク




芸能エンタメ

深澤辰哉が倒れたのはいつ?命の恩人はメンバーの宮舘涼太!

2020年にメジャーデビューを果たし、当時メンバーの平均年齢が24.6歳と、

他のジャニーズグループと比較すると遅咲きなことで知られているSnow Man。

その中でも特に下積み時代が15年とジャニーズ全体でも3本の指に入るほど長い、

深澤辰哉さんというメンバーをご存知でしょうか。

体調を崩しながらも挑んだライブで、メンバーに命を救われたという深澤辰哉さん。

今回は、深澤辰哉さんが倒れるに至った経緯や、その時誰が助けたのか、

当時のエピソードについて調べてみました。

スポンサーリンク

深澤辰哉さんが倒れたのはいつ?


『世界まる見え!テレビ特捜部』で本人が話していた内容によると

舞台とライブが同時進行で3本進んでいた時期があったそうです。

そんな多忙のスケジュールの中行われたライブの途中、

階段を昇っていた深澤辰哉さんは、手すりのない方向へ倒れてしまいました。

ステージの下にはたくさんの機材が置いてあり、とても危険なシチュエーションでしたが、

メンバーが手を引っ張ってくれてなんとか助かったと話しています。

スポンサーリンク

その時深澤辰哉を助けたのは誰?

深澤辰哉さんを助けたのは宮舘涼太さんです。

ライブ中に気づいた宮舘涼太さんが深澤辰哉さんを肩に担ぎ、

更衣室まで連れて行ったそう。

宮舘さんは当時のことを、

「スタッフの方に氷を持ってくるようお願いしたら、

焦ったスタッフさんが氷の入った袋を揉みすぎて、

マンガのようにふっか(深澤辰哉さんの愛称)の顔面に落ちていった」と笑い話として

話すこともあるそうですが、

深澤辰哉さんは命の恩人だと本当に感謝している、と話しており、

「そのまま落ちていたら今頃どうなっていたかわからない」と語っていました。

これをうけてファンの間では「ジャニーズちょっとブラックだよ…」

「スケジュール的に十分な休みがとれていないんだと思う」と深澤辰哉さんを

心配する声があがっていました。

スポンサーリンク

リーダー岩本照さんも倒れた深澤辰哉さんを助けていた

ライブ以外にもう1つ深澤辰哉さんが倒れたときのエピソードがあります。

2018年09月18日に行われた舞台『少年たち~Born Tomorrow~』で

本人がそう話していたようです。その際倒れた深澤辰哉さんを助けたのは、

SnowManのリーダーである岩本照さん。

深澤辰哉さんと岩本照さんは、その日プールに遊びに行っており、

合計で5時間ほど泳いだあと電車で帰っていました。

乗り換えの駅に着いたとき、深澤辰哉さんは段々気分が悪くなり始めましたが、

岩本照さんにはそれを言わずに我慢していました。

そのうち体調は悪化、我慢ができなくなり、周りにどうにかこのことを伝えないと、

と思いつつも助けを求められなかったそう。そして「気持ち悪い…」と

その場に倒れてしまいます。そこで一緒にいた岩本照さんが、

「あなたは水を!あなたは駅員さんを呼んで!」と冷静に周囲の人へ呼びかける声が

聞こえたそうです。そのあと深澤辰哉さんは、岩本照さんに送り届けてもらい、

無事家に着いたといいます。その場で頭が真っ白になってもおかしくない状況の中、

迅速で的確な対応ができた岩本照さんはすばらしいですよね。

スポンサーリンク

まとめ

いかがだったでしょうか。

私自身、調べているうちにメンバー間の仲の良さや絆の深さ、を感じ、

もっとこのグループを追いかけたい、と胸が熱くなりました。

現在音楽活動はもちろん、グループでのバラエティ冠番組も持つなど、

人気が出て、たくさんの場面で活躍が見られるのはファンにとって喜ばしいことですが、

体調を崩すほどの過密なスケジュールだったと思うと心配せずにはいられませんよね。

舞台やライブをいくつも同時にこなすのは、並大抵の努力では

不可能なことなのではないでしょうか。

今後も無理なく元気な姿が見られることを楽しみにしています!

スポンサーリンク