スポンサーリンク




芸能エンタメ

IVE(アイヴ)の日本人メンバーはレイ!アイドルになるきっかけはオーディション?

IVE(アイヴ)の日本人メンバーはレイ!アイドルになるきっかけはオーディション?

日本でもZ世代を中心に、大人気のK-POP6人組ガールズグループIVE(アイヴ)

なんとメンバーの中に、日本人がいると話題になっています。

調べたところ、そのメンバーはレイさんでした。

  • 本名は直井玲(なおいれい)さん
  • 2004年2月3日生まれ
  • 愛知県名古屋市出身

日本人が韓国でアイドルとしてデビューするとはびっくしますよね。

K-POPファンの間では2022年は「ガールズグループ戦国時代」と言われるほど、レベルの高いグループが揃っているそうです。

その中でもトップレベルとも言える人気を博しているIVE。

一体レイさんがどんな経緯で韓国に渡り、K-POPアイドルとしてデビューしたのでしょう。

とても気になったので調べてみました。

スポンサーリンク

IVEレイがアイドルを目指すきっかけは?

誰かに憧れてその道を目指そう、と思うことは誰しも経験があるのではないでしょうか。

レイさんもそうだったようで、中学生の頃から日本でも有名なK-POPガールズグループRed Velvet(レッドベルベッド)の大ファンだったそうです。

そしてRed Velvetの日本で開催されたコンサートを見に行った時に、とても感動してアイドルになりたいと思ったそうです。

K-POPアイドルになるためにオーディションへ!

アイドルになりたいと思ったら皆さんはどうしますか?

すぐに思いつく、メジャーな手段はオーディションですよね。

しかし韓国のアイドルを目指すなら、韓国に行かなければならないの?

私もそう思いましたが、近年のK-POPブームにより日本でも韓国のいろんな事務所がオーディションを開催しているそうです。

レイさんが15歳の時に応募して受けたオーディションは、2018年に東京で開催された「LOEN FRIENDS GLOBAL AUDITION in JAPAN」です。

このオーディションは、韓国最大の総合エンターテイメント会社LOENエンターテイメント(現在はカカオエンターテイメントに社名変更)が次世代のグローバルスターを発掘するために開催したオーディションです。

レイさんはこのオーディションで、大好きなRed Velvetの曲を披露し見事に合格しました。

そしてオーディションの翌月には韓国に渡り、現事務所であるSTARSHIPエンターテインメントに入社しました。

入社後は練習生として3年以上練習を頑張って、2021年12月にIVEとしてデビューしました。

スポンサーリンク

まとめ

K-POPアイドルになりたい、という夢を見事に叶えたレイさん。

日本のようにオーディションに受かったらすぐにデビューというわけではなく、3年以上練習生として、毎日レッスンしていたことに驚きました。

あのように、観る人を魅了するステージを作り上げるには、やはり並々ならぬ努力が必要なんですね。

これからの活躍もますます期待してます。

スポンサーリンク